名古屋・三河の店長・人事担当者のためのお役立ちサイト【ヒトクル】 > 専門家コラム > 面接率UP!応募を面接につなげるためのサンクスメール活用術

面接率UP!応募を面接につなげるためのサンクスメール活用術

専門家コラム

2016.06.03 / 名古屋

ヒトクル事務局

応募があっても面接にこない、キャンセルされるなど面接率の低さにお悩みの人事担当者のみなさん。
サンクスメールをご存じでしょうか?

サンクスメールとは?


Web経由で応募があった際に、自動的に返信される応募へのお礼を述べるメールです。
文面を工夫し、事前に必要情報を応募者に送ることで、面接につなげやすくすることができます。

面接につながりやすいメール文例




①社名・名前と合わせて用件をタイトルに。※迷惑メールとの勘違いを防ぎます。

②誰がどの番号から連絡するかを明記します。※応募者が電話をとりやすい状況を整えます。

③面接への期待の意志を表明します。※応募者へ好印象を与えます。

④担当者と繋がりやすい時間帯も添えておきます。※応募者から電話をしやすい状況を整えます。



ワンポイントアドバイス!


いざ折り返しのお電話をした場合でも、繋がらないケースは多々あります。その際、留守番電話に繋がる場合は必ずメッセージを残しておきましょう。
【簡単な挨拶】・【応募へのお礼】・【またお電話する件】を残すだけで、その後連絡がつき面接に繋がる確率は、格段に上がっていきます。

【留守電に残す内容例】
●●さまのお電話番号でよろしいでしょうか。
私、株式会社▲▲の■■と申します。この度はDOMO NETよりご応募をいただき、誠にありがとうございます。

また、x月x日x時頃に改めてご連絡をさせていただきますので、よろしくお願い致します。
万が一お電話をいただける場合は、xx時~xx時の間がつながりやすくなっておりますので、よろしくお願い致します。


いかがでしょうか。もしまだサンクスメールを活用されていない担当者の方、面接率をあげるためにもぜひ、活用を検討してみてはいかがでしょうか。

筆者プロフィール

ヒトクル事務局
東海地域の店長・人事担当のみなさまのお役に立てるよう、日々様々な情報を収集・配信しているサイトです。地域のトレンド情報やノウハウ、採用成功事例や各種データなど、配信コンテンツは多岐に渡ります。また、月に1回程度のペースで、セミナーを実施しています。この採用難の時代を乗り切るべく、少しでも多くの方々のお悩み解消につながれば幸いです。

「ヒトクル」は、株式会社アルバイトタイムスが運営しています。

関連するワード

あわせて読みたい