名古屋・三河の店長・人事担当者のためのお役立ちサイト【ヒトクル】 > お知らせ > ブラック企業リスト、厚生労働省が334社を公表 今後摘発の動きが活発化?

ブラック企業リスト、厚生労働省が334社を公表 今後摘発の動きが活発化?

お知らせ

2017.05.17 / 名古屋

ヒトクル事務局

こんにちは、ヒトクル事務局です。

5月10日、厚生労働省は長時間労働や賃金不払いなど労働関係法令に違反した疑いで送検された企業などの一覧を作成し、公式サイトで公表しました。
http://www.mhlw.go.jp/kinkyu/dl/170510-01.pdf

今回公表されたのは、2016年10月〜2017年3月の間に送検された334件分の内容をまとめたもので、全国の企業・事業場名や違反内容などが記載されています。

都道府県別に見てみると、上位5都道府県は以下の通りです。

愛知 28社
大阪 20社
福岡 19社
北海道 16社
兵庫 14社

その他、東海エリアの各県の状況は、以下の通りです。

 ・静岡 4社
 ・岐阜 10社
 ・三重 8社


内訳をみると、賃金不払い、最低賃金違反、労働安全衛生法に関する違反が多く見られます。特に労働安全衛生法に関する違反は非常に多く、業界でいうと製造業・解体業が多いです。

●摘発事例



昨今の事件からブラック企業=長時間労働のイメージが強いですが、意外にも実際摘発されているのはそれ以外で送検されているようですね。

この公表を機に、件数が少ない県(静岡も入りますね)は摘発の動きが活発になるかもしれません。

リストは毎月更新。送検を公表した日から約1年間、公式サイトに掲載されます。

筆者プロフィール

ヒトクル事務局
東海地域の店長・人事担当のみなさまのお役に立てるよう、日々様々な情報を収集・配信しているサイトです。地域のトレンド情報やノウハウ、採用成功事例や各種データなど、配信コンテンツは多岐に渡ります。また、月に1回程度のペースで、セミナーを実施しています。この採用難の時代を乗り切るべく、少しでも多くの方々のお悩み解消につながれば幸いです。

「ヒトクル」は、株式会社アルバイトタイムスが運営しています。
簡単メルマガ登録はこちら
Facebookでシェア
Twitterでシェア
記事クリップ

関連するワード

あわせて読みたい