名古屋・三河の店長・人事担当者のためのお役立ちサイト【ヒトクル】 > お知らせ > 2017年最低賃金、昨年に引き続き過去最高レベル引き上げの影響とは?

2017年最低賃金、昨年に引き続き過去最高レベル引き上げの影響とは?

お知らせ

2017.08.01 / 名古屋

ヒトクル事務局

こんにちは、ヒトクル事務局です。

7月26日、有識者と労使代表がつくる中央最低賃金審議会の小委員会が、2017年度の地域別最低賃金を全国平均で25円引き上げるとの目安をまとめた、と発表されました。

今後、都道府県ごとの最低賃金審議会が目安額をベースに、それぞれの新しい最低賃金額を決め、10月に適用されます。

ちょうどヒトクル事務局スタッフ、くるお君とくるみちゃんがこの話をしているようです。
ちょっと話を聞いてみましょう。


くるお君
「くるみちゃん、また最低賃金改定のニュースの時期だね。昨年の改訂のこと覚えている?」

くるみちゃん
「覚えてますよ。昨年は、私も入所したばかりで『最低賃金がどんなものなのか?』ということから教えてもらいました。」
※昨年の記事「2016年最低賃金、全国平均25円引き上げの影響とは?」

くるお君
「昨年の改訂は、過去最大の上げ幅ということでとてもニュースになったよね。愛知県の最低賃金は820円から845円になったんだよ」

くるみちゃん
「安倍政権の肝いりの経済政策ということでしたよね。今年の上げ幅はどのくらいになりそうなんですか?」

くるお君
「今年も、昨年と同じ過去最高レベルで全国平均25円アップという目安が出ているんだよ。愛知県は、目安通りに引き上げられた場合、26円アップして871円になるんだ」



くるみちゃん
「ひゃー、今年もそんなに引き上げられるんですね。これじゃあ、人を雇用する企業はどんどん時給を上げていかないとならないですね」

くるお君
「その通りなんだよ。昨年の引き上げでかなりの企業が影響を受けていて、人材確保のためにさらに時給を上げている企業も多いんだよ。名古屋駅周辺なんかは特に商業施設のオープンラッシュだったから、時給が1000円台でないとなかなか反応が出ない、というような話も聞いているんだよ」
    
※2017年4月 愛知県アルバイト・パート給与相場データはこちらからダウンロードできます。

くるみちゃん
「今年もその影響が出てくるということですね・・・」

くるお君
「10月の改訂以降で、他社の時給はウォッチしておいた方が良さそうだね。
あとは、今回話題になっているのは『時給の地域格差』のことだね」

くるみちゃん
「『地域格差』?それってどういうことですか?」



くるお君
「今一番高い東京は958円で、最低の宮崎・沖縄は736円。
金額差が222円と、昨年よりさらに差が広がっているんだ。全国の表を見てもらうと分かると思うけど、関東・東海・関西の一部以外では、まだまだ最低賃金が700円台の県も多いんだよ。

くるみちゃん、これだけ地域格差があると、どんなことが起こると思う?」

くるみちゃん
「私だったら、時給が高いところで働きたいと思うな」

くるお君
「その通り。隣の県で働いた方が時給が高いんだったら、そっちで働きたいと思う人が出てくるかもしれない。そうすると、ますます人手不足になる。都市部に人が流入し、地方は人手不足になるという状況を生む可能性があるんだ。

実際に、東海4県の平成22年と平成27年の人口推移(下表)を見ると、愛知県の人口が増えているのが分かるよ。
もちろん、人口の増減は最低賃金の影響だけではないし他の様々な要因があるけど、一つの傾向はみられるよね。」



くるみちゃん
「時給が高くなって所得が増えるのはいいけど、中小企業の人件費が増えて、地方と都市部の格差が増えるというリスクがあるんですね」

くるお君
「お、いい感じでまとめたね。そのバランスを見ながら、今後も政府は引き上げを検討していくと思うよ」

最低賃金は、例年10月に改定されます。9月末に厚生労働省が全国一覧を変更するでしょう。自社の時給が現在の最低賃金と同額なら、引き上げの影響はまぬがれません。きちんと、時給の確認をしながら、今後の給与改定に向けて準備をしていくことをお勧めいたします。

筆者プロフィール

ヒトクル事務局
東海地域の店長・人事担当のみなさまのお役に立てるよう、日々様々な情報を収集・配信しているサイトです。地域のトレンド情報やノウハウ、採用成功事例や各種データなど、配信コンテンツは多岐に渡ります。また、月に1回程度のペースで、セミナーを実施しています。この採用難の時代を乗り切るべく、少しでも多くの方々のお悩み解消につながれば幸いです。

「ヒトクル」は、株式会社アルバイトタイムスが運営しています。
簡単メルマガ登録はこちら
Facebookでシェア
Twitterでシェア
記事クリップ

関連するワード

あわせて読みたい