名古屋・三河の店長・人事担当者のためのお役立ちサイト【ヒトクル】 > 専門家コラム > 中途採用をするにはどんな手法がある?手法と特徴まとめ

中途採用をするにはどんな手法がある?手法と特徴まとめ

専門家コラム

2017.10.30 / 名古屋

ヒトクル事務局

こんにちは、ヒトクル事務局です。

企業が中途社員を採用したい場合に、いったいどんな方法があるのでしょうか?

それにはまず、現在の転職希望者がどのような方法で転職活動をしているのかを見てみましょう。


上記は、直近1年間で仕事を探した経験のある愛知県在住の15才~49才までの男女に、転職活動で利用したことのある手法について聞いた結果です。
「ネットメディア」が一番利用率が高く60%、続いて「新聞や求人誌などの紙媒体」「ハローワーク」「紹介サービス」「合同企業説明会」の順となっています。

では、ネットメディアに掲載しておけばいいのか、というと一概にそうとは言えません。採用難の現在、多くの企業が募集をしている中で、求めている人材を採用するのは非常に難しくなっています。
そのため、自社が「いつまでに」「どんな人材を」「どれくらいの予算で」採用したいのかをしっかりと見極め、それに適した手法を選ぶ必要があります。

ここからは、それぞれの手法の特徴についてご紹介していきましょう。

ハローワーク



厚生労働省が管轄する公共職業安定所(ハローワーク)に求人を掲載する方法です。事業所の住所を管轄するハローワークで申し込みをすると、求人情報がハローワークの情報端末内に掲載されます。

・コスト/掲載費は無料。
・メリット/採用コストがかからない。
・デメリット/情報量が少ないため、求めている人材からの応募が少ない可能性がある。
事業所の登録申請や求人票の作成などの手続きに時間がかかる。
報告の義務がある。

年齢層が高い、人材の専門性が低い等のデメリットも聞かれますが、無料で掲載できることもあり、まずは掲載をしておく企業も多いようです。
ハローワークへの詳しい掲載の仕方については、【店長・人事担当者なら知っておきたい】ハローワークで求人登録をする方法の記事でも紹介しています。


新聞や求人情報誌などの紙媒体



新聞の求人広告欄や折込チラシ、求人情報誌などに掲載する方法です。そのほとんどは、無料で駅やコンビニなどで配布しており、地域別に発行している情報誌が多く、地域密着型の採用を得意としている傾向があります。

・コスト/メディアやサイズによって料金は様々。
採用できなくても、掲載料がかかる。
・メリット/エリアや属性を絞ったターゲティングが可能
例えば、折込チラシの場合は、主婦・中高年層の求職者に地域を絞ったターゲティングできる
紙媒体は一覧性があるため、もともと探していた条件とは異なる求人情報も偶然目に留まる可能性がある
・デメリット/広範囲での募集に向かない
紙面に限りがあるため、情報量に限りがある。


ネットメディア



大手求人情報サイトなど、様々なサイトがあります。女性向けや技術系などメディアによって求職者をターゲティングしている媒体もあります。
ネットメディアの最大の特徴は、情報量が豊富なことです。先輩スタッフからのコメントや、職場の雰囲気など、より求職者が欲しい情報を掲載することが可能です。

・コスト/メディアやサイズによって料金は様々。
・メリット/情報を多く掲載することができる
全国規模での採用活動が可能
若年層のユーザーが多い
・デメリット/情報量が多いため、知名度が低かったり地方の求人情報は埋もれてしまう可能性がある
検索条件でヒットしなければ、閲覧されることがない。


人材紹介サービス



厚生労働大臣の認可を受けた職業紹介事業者(人材会社)が、自社の登録者の中から条件にあった人材を紹介するサービスです。専任のキャリアコンサルタントが、企業が求める人材像やスキルなどをヒアリングしてくれ、応募・面接・選考などの手配をしてくれます。
また専門性の高い人材や管理職候補の募集に適している傾向があります。紹介会社によって得意な職種や業界がありますので、自社のターゲットに合わせた紹介会社を利用するといいでしょう。

・コスト/紹介された人材を採用したときに料金が発生。採用した人材の年収の20%~35%が相場。
・メリット/採用するまでコストがかからない
採用にかかる人的負担を軽減できる
・デメリット/緊急性が高い場合には向いていない。
採用コストが高い
 
合同企業面談会などの転職イベント



様々な企業と転職希望者が集まり、合同で行う説明会のことです。求人メディア企業や、大学、自治体が主催のものや、女性や特定業界にターゲットを絞ったものなど、さまざまな種類の説明会があるので、自社にあった規模やターゲットの説明会を選ぶといいでしょう。
合同説明会の一番の特徴は、実際の求職者とリアルに接点が持てることです。Webや紙面上だけでは伝えきれない、自社の魅力を直接話すことで、応募へのモチベーションを高めることが可能になります。

・コスト/イベントによって様々。
・メリット/直接求職者と接点を持てるため、接点を持てれば自社への応募意欲を高めることが可能。
「話だけでも聞いてみよう」という来場者を母集団に引き込むことが可能
・デメリット/準備や当日の人員確保が必要

いかがでしたでしょうか。
企業が中途社員を採用したい場合の主な手法について、ご紹介させていただきました。
御社にとっての最適な手法を選ぶ参考にしていただければと思います。

転職イベントについては、
合同企業説明会で成功するためにすべき4つのポイント
失敗しない合同企業説明会の選び方、6つのポイント
の記事でもご紹介しています。

筆者プロフィール

ヒトクル事務局
東海地域の店長・人事担当のみなさまのお役に立てるよう、日々様々な情報を収集・配信しているサイトです。地域のトレンド情報やノウハウ、採用成功事例や各種データなど、配信コンテンツは多岐に渡ります。また、月に1回程度のペースで、セミナーを実施しています。この採用難の時代を乗り切るべく、少しでも多くの方々のお悩み解消につながれば幸いです。

「ヒトクル」は、株式会社アルバイトタイムスが運営しています。
簡単メルマガ登録はこちら
Facebookでシェア
Twitterでシェア
記事クリップ

関連するワード

あわせて読みたい