名古屋・三河の店長・人事担当者のためのお役立ちサイト【ヒトクル】 > 求人ノウハウ > 若年層・中高年のアルバイト・パート・派遣社員の労働実態比較【求職者の本音】

若年層・中高年のアルバイト・パート・派遣社員の労働実態比較【求職者の本音】

2017.11.07 / 名古屋

ヒトクル事務局

こんにちは、ヒトクル事務局です。

今回の調査では、年を重ねると価値観や好みは変化していくもの。では、就労意識はどうでしょうか?若年層と中高年で違いがあるのかリサーチしました。

若年層は「飲食・販売・サービス系」、中高年は「製造・事務・サービス」


Q.現在の主な勤務先の職種は何ですか?


若年層は、飲食・販売・サービス系の職種が多数を占めています。
その一方で、中高年は製造・事務・サービス系の3職種に分かれています。



若年層・中高年層とも「週で3~4日の勤務」がTOP


Q.1週間のうち平均で何日、1日平均で何時間、働いていますか?


3~4日(5~6時間勤務)、土日休みの週5日(8時間勤務)が同列で1位に。
回答者の中には子持ちの主婦もいることから、ある程度ゆとりをもって働く方が多い印象です。


傾向は若年層とほぼ一緒ながら、3~4日(3~4時間)の勤務も上位に。
体力的な問題もあり、無理のないように働く日数や時間を少なめにしている傾向があります。


不安に感じているのは、若年層が「給与・収入の低さ」、中高年層は「特に不安をかんじていることはない」がTOP


Q.現在働いている中で、不安に感じていることはありますか?


若年層では、将来の生活への不安からか「給与・収入の低さ」があげられました。
採用するうえで給与以外にも働くことで特典があれば、求人に記載すると給与面の不安を解消できるかもしれません。
また、中高年では「特に不安に感じていることがない」がトップに。
中には「これまでいろんな場所で働いてきたので不安はない」とコメントする方もおり、その経験値の高さから、安定した仕事をしてくれそうです。


若年層・中高年層とも「職場の雰囲気、人間関係」についてより詳しく知りたい


Q.これから仕事を探すことになったと仮定して、求人誌や求人チラシなどの広告を見る際、仕事内容・勤務時間・給与・勤務地以外で、仕事に対して不安でより詳しく知りたいと思う情報は何ですか?※フリーコメントで回答が多かったものを抜粋




調査期間:2017年10月中旬
調査対象:愛知県・静岡県在住の15~29歳、40歳~60歳でアルバイト・パート・派遣社員で働いている方
サンプル数:静岡県52人、愛知県52人

筆者プロフィール

ヒトクル事務局
東海地域の店長・人事担当のみなさまのお役に立てるよう、日々様々な情報を収集・配信しているサイトです。地域のトレンド情報やノウハウ、採用成功事例や各種データなど、配信コンテンツは多岐に渡ります。また、月に1回程度のペースで、セミナーを実施しています。この採用難の時代を乗り切るべく、少しでも多くの方々のお悩み解消につながれば幸いです。

「ヒトクル」は、株式会社アルバイトタイムスが運営しています。

関連するワード

あわせて読みたい