名古屋・三河の店長・人事担当者のためのお役立ちサイト【ヒトクル】 > 改めて考える「朝礼」の目的と効果的な活用方法について

改めて考える「朝礼」の目的と効果的な活用方法について

2018.02.13 / 名古屋

岩本 留里子

ビジネスフードアドバイザー

こんにちは、ビジネスフードアドバイザーの岩本留里子です。

私は、今までいくつもの飲食店のコンサルタントをしてきて、自分も飲食業界で15年働いてきました。そこで気が付いたのは、繁盛店は必ずと言っていいほど「よい朝礼」を行っているという事実です。

一体、なぜなのでしょうか?
様々な要因が考えられますが、朝礼を行わないとスタッフが「さあ仕事をするぞ!!」という気持ちの切り替えができない事も大きいでしょう。

今回は、改めて考える朝礼の「目的」、どんな朝礼が無駄なのか、や具体的な朝礼の方法について説明していきます。また、ダウンロードして活用できる「朝礼シート」もご用意いたしました。

飲食店でなくても、行うことの多い朝礼。ぜひ御社の朝礼活用方法のヒントにしていただければ幸いです。


朝礼の目的


朝礼の定義は、学校や職場で、始業前に全員が集まってあいさつをすることです。職場での朝礼は、情報の確認や共有をしたり、仕事を円滑に行うためにコミュニケーションをとったりする場でもあります。



無駄な朝礼



・毎日同じことを繰り返している。

・経営理念の唱和を、意味も理解しないで声を出している。

・回覧でも済むことを、わざわざ時間をかけて話をしている

・1回の時間が長い

「時間の無駄だな、早く仕込をしたいのに」とスタッフの心の声が聞こえてきそうです。
上記のような朝礼であれば、いっそのこと「朝礼をしない」という決断も必要そうです。


朝礼の流れ


ここでは、飲食店での朝礼の流れについてご紹介いたします。

司会(現場責任者)が号令を行い開始します。
①あいさつ
司会「〇月〇日 〇曜日 朝礼を始めます」「気を付け、おはようございます」
全員であいさつをしてください。

②身だしなみチェック
司会「身だしなみチェックを始めます。私の右側より2名ずつ向き合ってチェックをしてください」    
※チェック項目を司会が言いますので、指さし確認します。

司会「チェック行います髪・顔・ユニフォーム・爪・靴・・・」

・髪・・・キャップにすべて髪の毛が入っているか、フケはないか、長い髪は結んでいるか    
・顔・・・上品な化粧・ひげ・メガネは磨かれているか?
・ユニフォーム・・名札はついているか、ユニフォームは清潔か
・靴・・・汚れていないか、かかとが擦り切れすぎていないか
・その他・・・アクセサリーはつけていないか、爪は短く切られているか
※最後に笑顔

③会社の理念唱和
司会「私の後に続いてお願いします」

④ 司会「店長(店長代行)より連絡事項」
昨日の売り上げ報告、累計報告、目標金額あるいは前年比との比較報告

⑤司会「接客用語の唱和を始めます」
司会「私の後に続いてお願いします」「いらっしゃい・・・・・」

⑥司会「本日の目標を発表してください」
※本日の目標を一人ずつ順番に言う
スタッフ「笑顔を絶やさず大きな声で接客します」

⑦司会「以上で朝礼を終わります。本日もよろしくお願いたします」

⑧全員で「よろしくお願いいたします」


朝礼シート


朝礼シートを前日に作成して、スムーズに行っているお店もあります。朝礼に参加できないスタッフも、後から確認することが可能です。


※朝礼シートはこちらからダウンロードが可能です。

私が見てきたユニークな朝礼


私が今まで見てきました、ユニークな朝礼をご紹介します。

①朝礼に接客ロールプレイングを取り入れている
②昨日の楽しかったこと嬉しかったことの報告をしている
③全員でハイタッチ
④全員でいないいないバアをして笑い合っている。など独自の朝礼を考えられるといいと思います。

ここでのポイントは、決して堅苦しい雰囲気にしないことです。「朝礼が苦痛」になってしまっては元も子もありません。

「お客様によいサービスをしよう」「お客様に喜んでいただこう」「笑顔で頑張ろう」というモチベーションを楽しみながら全員で共有できるといいでしょう。

いかがでしょうか。朝礼の必要性と目的、無駄な朝礼、具体的な方法についてご紹介いたしました。お店の活性化のために、朝礼を活用してみてはいかがでしょうか。

筆者プロフィール

岩本 留里子
長崎県出身。静岡の短大を卒業
大手ファストフード企業に7年間勤務、店長・スーパーバイザー、サービスマネージャーを経験。その後、飲食業界で、業態開発、人材育成・接客指導、商品開発などフィールドを広げる。
飲食業界での現場の経験は15年間に及ぶ。現在は飲食分野を得意とした経営コンサルタント・接客研修・店長教育・メニューアドバイザーとして活躍するほか、幼児・小学生を対象にした食育レッスン「しょく感教室」を開催。
経営専門誌の「飲食店経営」「食品商業」などに執筆。
趣味は、車が大好きで旅行に行くとそこで食べ歩きする事を楽しんでいます

岩本 留里子 公式HP:http://www.iwamoto-ruriko.com/

関連するワード

あわせて読みたい