【2018年2月12日~2月18日】書籍ランキング

市場データ

2018.02.27 / 名古屋

らくだ書店

こんにちは、ヒトクル事務局アルバイトのくるみです。
今月も、名古屋の「らくだ書店本店」さんで2月12日から2月18日の書籍ランキングTOP10をご紹介いたします。

まずは10位から!

第10位

モデルが秘密にしたがる 体幹リセットダイエット


著/佐久間 健一  出版/サンマーク出版

120万部突破!2017年いちばん売れたダイエット本!ぽっこり下腹、極太もも、でか尻だってたちまち解消!3万人が生まれ変わり級のやせ効果を実感したすごいダイエット。


第9位

図解 百歳まで歩く


著/田中 尚喜  出版/幻冬舎

「歩き方ひとつ」それだけで劇的に長寿体質に!30代から高齢者まで幅広い層の支持を得て20万部突破の画期的エクササイズブックが見やすくなって新登場!


第8位

死ぬまで歩くにはスクワットだけすればいい


著/小林 弘幸  出版/幻冬舎

自律神経の名医が断言!スクワットは簡単かつ最強の健康法。足腰を鍛えるだけでなく、心身の老化を防ぐ「スクワット6週間プログラム」つき。スクワットには、足腰を鍛えるだけではなく、免疫力向上、認知症予防、尿漏れ防止、便秘改善、心を前向きにする作用など、たくさんの響くべき効果が隠されているのです。


第7位

昔話法廷


著/今井 雅子  出版/金の星社

王妃は有罪か無罪か?カチカチ山のウサギに執行猶予は?三匹のこぶたは殺人罪か正当防衛で無罪か?おなじみの昔話を現代の法廷で審議。あなたが裁判員ならどうする?裁判員制度を考える話題のNHKEテレの番組を小説化。


第6位

Lily ――日々のカケラ――


著/石田 ゆり子  出版/文藝春秋

石田ゆり子のカケラがたっぷり詰まった、やさしくて、とびきり楽しいフォト&エッセイ。大好きなものなどについて綴った21編のエッセイ、正直に語ったロングインタビュー。美の秘訣やお気に入りレシピ、硬軟とりまぜた103のQ&Aほか、全編撮り下ろし、書き下ろし。


第5位

ハーバードメディカルスクール式 人生を変える集中力


著/ポール・ハマーネス  出版/文響社

世界トップレベルの研究が行われているハーバード大学医学大学校で解明された脳をコントロールする法則!高度で複雑な脳の力を100%引き出すきっかけは、実は「単純な行動」だった!


第4位

頭に来てもアホとは戦うな!人間関係を思い通りにし、最高のパフォーマンスを実現する方法


著/田村 耕太郎  出版/朝日新聞出版

台湾版出版決定!これがグローバルスタンダードな処世術。苦手なヤツほど、徹底的に利用せよ。(1)相手の欲望を見抜き(2)腰を低くして、助けを求め(3)味方にする!目標がみるみる叶う最強の「人の動かし方」。


第3位

君たちはどう生きるか


著/吉野 源三郎  出版/マガジンハウス

30万部突破!字も大きい、現代仮名遣いで、原作が一番読みやすい新装版!日本を代表する歴史的名著が、マンガ化と同時に読みやすい新装版で刊行!貧困、いじめ、勇気、学問…。今も昔も変わらないテーマに、人間としてどう向き合うべきか。


第2位

おらおらでひとりいぐも


著/若竹 千佐子  出版/河出書房新社

74歳、ひとり暮らしの桃子さん。おらの今は、こわいものなし。青春小説の対極、玄冬小説の誕生!新たな老いの境地を描いた感動作。第54回文藝賞受賞作。


第1位

漫画 君たちはどう生きるか


著/吉野 源三郎  出版/マガジンハウス

53万部突破!『世界一受けたい授業』で大反響!人間としてあるべき姿を求め続けるコペル君とおじさんの物語。出版後80年経った今も輝き続ける歴史的名著が、初のマンガ化!


今回の1位は「漫画 君たちはどう生きるか」です。昨年からどの書籍ランキングでも目にしないことはない「君たちはどう生きるか」そろそろ私も読みたい…では、次回のランキングもお楽しみに!


※情報提供/らくだ書店本店
 2018年2月12日~2月18日のらくだ書店本店での書籍ランキングになります。

筆者プロフィール

らくだ書店
らくだ書店は、名古屋市千種区青柳町に本店をもち、東郷店・城北店と地元に根付いた書店として地域の皆様に親しまれいてます。
らくだ書店の店名は、優しくて愛らしく覚えやすいことと、文化のオアシスへ読者の豊かな心を運んでくれる隊商のイメージに由来しています。また「らくだ」は厳しい気象条件に適応し2週間は水なしで生活できると言われ、暑さにも強く、砂漠を移動するには必要不可欠な動物です。時代の変革に対応して、お客様に信頼されご指示いただける店を目指し、「知的活動を支援でき」「豊かな生活に役立ち」「情報化社会に即応した」商品とソフトを積極的に取り扱っていくことで果敢にチャレンジしてまいります。同時に、質の高いサービスとお客様に親しまれる環境をご提供しながら、次世代を見据えた情報発信基地としての役割を果たし、地域文化の向上に貢献していきたいと考えています。

関連するワード

あわせて読みたい