名古屋・三河の店長・人事担当者のためのお役立ちサイト【ヒトクル】 > 市場データ > 愛知県の労働力人口の市区町村別ランキング

愛知県の労働力人口の市区町村別ランキング

市場データ

2018.03.07 / 名古屋

ヒトクル事務局

こんにちは、ヒトクル事務局です。

日本は少子高齢化により、労働力が減少しています。その労働力の指標とされているのが、「労働力人口」です。

「労働力人口」とは、15歳以上の人口のうち「就業者」と「完全失業者」を合わせたものです。




労働力人口数TOPは豊田市、最下位は豊山町


では愛知県の市区町村において、労働力人口数が多いのはどこでしょうか。
下表は、平成27年の国勢調査より労働力人口の多い順に並べたものです。



<労働力人口数 上位5市区町村>
1位 豊田市
2位 岡崎市
3位 豊橋市
4位 一宮市
5位 春日井市


<労働力人口数 下位5市区町村>
65位 豊根村
66位 東栄町
67位 飛島村
68位 設楽町
69位 豊山町


増減率TOPは西尾市、最下位は豊根村


次に、平成22年と平成27年の労働力人口数を比較した場合の増減率の上位・下位5市区町村をみてみましょう。


西尾市、名古屋市中区、長久手市が上位となっております。

労働力率TOPは名古屋市中区、最下位は東栄町


また、15歳以上人口に占める労働力人口の割合である「労働力率」の上位・下位5市区町村をみてみましょう。



名古屋市中区、田原市、豊山町が上位となっております。

※「平成27年国勢調査就業状態等基本集計」(総務省統計局) (http://www.stat.go.jp/data/kokusei/2015/kekka.htm)を基に株式会社アルバイトタイムス作成

※統計表で用いられる用語,分類の解説は、総務省統計局のこちらより確認できます。

筆者プロフィール

ヒトクル事務局
東海地域の店長・人事担当のみなさまのお役に立てるよう、日々様々な情報を収集・配信しているサイトです。地域のトレンド情報やノウハウ、採用成功事例や各種データなど、配信コンテンツは多岐に渡ります。また、月に1回程度のペースで、セミナーを実施しています。この採用難の時代を乗り切るべく、少しでも多くの方々のお悩み解消につながれば幸いです。

「ヒトクル」は、株式会社アルバイトタイムスが運営しています。

関連するワード

あわせて読みたい