名古屋・三河の店長・人事担当者のためのお役立ちサイト【ヒトクル】 > 求人ノウハウ > 入管難民法違反容疑で逮捕!外国人雇用時には必ず確認を。

入管難民法違反容疑で逮捕!外国人雇用時には必ず確認を。

2018.04.18 / 名古屋

波田野倫子

株式会社asegonia General Manager

こんにちは、株式会社asegoniaの波田野です。
弊社asegoniaはアジアでベトナム人材に特化した、採用コンサルティング事業を主力事業としております。

先日、ラーメン店の外国人店員が入管難民法違反(資格外活動)容疑で逮捕され、雇用主である企業も家宅捜索・書類送検されるというニュースがありました。

外国人店員が留学先の専門学校を除籍となり、留学ビザ(とそれに付随する資格外活動許可)がすでになくなっていたのにもかかわらず就労を続けていました。

また、企業側は本来必要なハローワークへの届け出を怠り、法定労働時間の28時間を超えて働かせていた疑いがあったためです。

これを基に、企業が外国人を雇用する際、注意するポイントを簡単にご説明します。



1.ビザの種類を確認する

外国人の方がどんなビザで日本に滞在しているのかを確認しましょう。
日本国内で外国人が就労するには、就労ビザが必要です。
ただし、就労ビザ所有者でなくても、次の2.で挙げる資格外活動許可を受けていれば、1週28時間までは就労が認められています。


2. 就労ビザ以外のビザ所有者ならば、資格外活動許可を受けているか確認する。

就労ビザを持っていない方、例えば留学ビザの保有者でも、資格外活動の許可を得ていれば、1週28時間以内(教育機関の長期休暇期間は1日8時間以内)までアルバイトをすることが可能です。

資格外活動許可はパスポートに証印シールや在留カード、資格外活動許可書で確認することができます。

入国管理局HP 外国人を雇用する事業主の皆様へ
http://www.immi-moj.go.jp/seisaku/pdf/2015fuhoushurou.pdf


3. 就労時間が1週28時間を超過しないようにする。

資格外活動許可を得た方でも、就労時間に制限があり、1週間内で就労できるのは28時間までです。28時間を超えて就労させた場合、違法となります。アルバイトのシフトを作成する際には1週28時間を超えないよう注意しましょう。


4. ハローワークに届け出る。

外国人を雇用した場合、また離職した場合、その方の氏名、在留資格、在留期間等などを確認し、ハローワークへ届け出ることが義務付けられています。

厚生労働省HP 「外国人雇用状況の届出」は、全ての事業主の義務であり、外国人の雇入れの場合はもちろん、離職の際にも必要です!」
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/gaikokujin/todokede/index.html

厚生労働省HP 「外国人雇用のルールについてのパンフレット」
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11650000-Shokugyouanteikyokuhakenyukiroudoutaisakubu/290525_3.pdf


逮捕や罰則などと聞くと、怖くなってしまうかもしれませんが、それはルールを守らなかった、そして知らなかったことが原因です。

まずはルールをしっかりと理解し、遵守すれば、外国人採用は決して禁じられたことでも、怖いことでもありません。
お困りのことがございましたら、ぜひご相談ください。

上記のようなビザ関連の相談も含め、日本企業とベトナムをつなぐ弊社asegoniaですが、弊社の社長がBS JAPAN 日経プラス10に紹介されました!

ベトナム人材に詳しいasegonia 井上義設と、日本企業での就職を目指すベトナム人学生の増加について、コメントと共に紹介されています。これも、外国人採用について多くの関心が集まっている証拠ですね。



2018年3月12日(月)放映 「ベトナムでIT人材を求める日本企業」
テレビ東京ビジネスオンデマンド(動画閲覧には有料会員登録が必要です)
http://txbiz.tv-tokyo.co.jp/plus10/vod/post_151126/

筆者プロフィール

波田野倫子
立教大学卒業。2012年に東京海上日動火災保険株式会社に入社。異業種の中でお客様対応やリスク管理を学び、2016年より株式会社asegonia、以降「ベトナム人の笑顔のために」をモットーに、営業を中心に担当。
ただ商品を展開するだけではなく、イベントやセミナー、勉強会の運営も行なっているため、企業様のニーズに応じて多方面からのサポートが可能。都内はもちろん、地方での外国人採用に関するノウハウも豊富にご案内。

株式会社asegonia(株式会社ツナグ・ソリューションズ【マザーズ:6551】100%子会社)
http://asegonia.com/

関連するワード

あわせて読みたい