名古屋・三河の店長・人事担当者のためのお役立ちサイト【ヒトクル】 > 14ヶ月間で1万枚のお礼状を手書きで送った結果…

14ヶ月間で1万枚のお礼状を手書きで送った結果…

2016.08.01 / 名古屋

白岩 大樹

アップ・トレンド・クリエイツ
代表

お礼状を始めた店に起きたスタッフの変化


こんにちは。汗を流すコンサルタント白岩 大樹と申します。
日々、飲食店の現場に入りながら、働くスタッフの成長と、その先にあるお店の繁盛を実現することで、確実な収益アップを実現する支援をしています。

今回は、私がご支援した企業で、14ヶ月間で1万枚のお礼状を手書きで送り、効果的にリピート客を生み出した事例をご紹介いたします。


それは、郊外型の和食店を7店舗経営する企業でした。
1ヶ月目は、1店でトライアルとして実施しました。送付数は65枚。

その結果、お礼状の戻りは0件でした。
2ヶ月目は80枚のお礼状を送付しましたが、戻りは0件でした。
2ヶ月間、戻りは全くなかったのですが、そんな中、現場ではある変化が起きていました。

それは、お礼状を手書きすること自体をスタッフが楽しむようになっていったのです。

「Aさんが、こんなメッセージを書いた!」

「Bさんが、○枚のお礼状を書いた!」

「Cさんが、残ってお礼状を書き上げた!」

そんな会話が現場で交わされるようになり、いつしか「今は0件だけど、いつか必ず戻ってくる!」という確証を各スタッフが抱くようになっていったのでした。
なにより、店長は「スタッフが(以前より)お客様をよく見るようになった」と驚いていました。

そしていよいよ、その時は訪れました。
3ヶ月目。
お礼状の送付が347枚に対して、戻りが28枚。
この月の後半から、順次、他店でも活動が開始されたのですが、戻りの28枚は、そのほとんどがトライアル店であった1店が2ヶ月の間に送ったものでした。
ここから、このお礼状の活動は「全店運動」へと発展していきます。


14ヶ月間で10,600枚のお礼状を手書きした企業


4ヶ月目(送付数:611枚/戻り59枚)、5ヶ月目(送付数:802枚/戻り86枚)と時間の経過とともに、その枚数は、どんどん増加していき、節目となる6ヶ月目は、ついに送付数が1,269枚と、大台を超え、戻りは100枚になりました。

以降も活動は続きました。
そして、14ヶ月間の累計で総送付数:10,600枚に対して、総戻り数:1,672枚という大きな結果へと繋がりました。
(※以下がその時系列表となります)



総反応率は15.8%(1,672枚÷10,600枚)。
1万を超える母数に対する反応率ですので、驚異的な結果といっても過言ではないでしょう。
ちなみに、この反応数を単純に売上に試算すると、1,672枚=1672組の来店となりますので、こちらの企業の組単価を3,000円と見積もっても、ざっと500万円以上の再来店売上を生んだことになります。


なぜ1万を超えるお礼状を送れたのか?


いかがでしたでしょうか?
ここで、ある疑問が浮かんだ方がいらっしゃるかもしれません。
「なぜ、来店したお客様にお礼状を送れたのか?」
「どうやって連絡先が分かったのか?」
といった疑問。

飲食業は、来店したお客様が「どこ(に住む)の?」「誰(名前)か?」を知ることができません。
お店に入った人は、全てが「お客様」であり、そのお客様へ美味しい料理と、笑顔の接客をすることで、お代をいただき「また来るよ」とさえ言ってもらえれば、それで満足できる商売です。

しかし、冒頭でもお伝えした通り、「また来るよ」で満足してしまっては、いつまで経っても経営は安定しないのです。
なぜなら、(繰り返しになりますが)そのお客様の「また」がいつになるか?によって、その後の売上が大きく左右されてしまうからです。

「また来るよ」を「また来たよ」にするためには、お客様がお店を出てからのアプローチがなくてはなりません。
そのためのお礼状を送るためには、お客様の連絡先(少なくとも住所と名前)が分からなければ何もできません。そこで行うのがアンケートなのです。

先の企業の各店でも、お礼状を送るにあたり、まずはアンケートからスタートしました。
アンケートについては、14ヶ月間の累計で17,369枚を獲得しました。
このアンケートに連絡先の記入があったお客様に向けて、お礼状を送ったわけです。

ちなみに、アンケート取得の効果的な方法については、以前の記事に詳細が書かれています。
前編・後編とありますので、ぜひご覧ください。

【激増】アンケート取得が3ヶ月で800%UPした件~前編~
【激増】アンケート取得が3ヶ月で800%UPした件~後編~


ぜひ、本記事を参考にして、再来店による売上を高めていってください。
次回は、このお礼状を効果的に送るための「4つの秘訣」についてご紹介させていただきます。

これからも現場で働くスタッフの成長と、働くお店の繁盛を応援しています!
ありがとうございました。

筆者プロフィール

白岩 大樹
1976年熊本生まれ。中央大学卒業後、板前として「なだ万」に勤務。2000年より「牛角」のスーパーバイザーを務め、2004年より、OGMコンサルティングにて集客コンサルタントとして活躍。2009年アップ・トレンド・クリエイツ設立。「汗を流すコンサルタント」として、飲食店アルバイトをメインにコンサルティングを展開中。現場を直接動かすスタイルで数々の収益向上を実現している。

公式ホームページ:http://upt-c.jp/

関連するワード

あわせて読みたい