名古屋・三河の店長・人事担当者のためのお役立ちサイト【ヒトクル】 > 専門家コラム > もう試しましたか?ポケモンGOを利用して店舗集客をする方法

もう試しましたか?ポケモンGOを利用して店舗集客をする方法

専門家コラム

2016.08.10 / 名古屋

土屋 浩士

株式会社ファリシオ 代表

過去に例を見ないダウンロード数 ポケモンGO


ポケモンGOとは、みなさまご存知の通り、特定の場所でカメラをかざすと、ポケモンのキャラクターが投影されて、ポケモンをゲットすることができ、それを育成して、戦闘できるゲームです。
日本ではダウンロードが初日で1000万突破。全世界でも推定1億ダウンロード(8月2日調査会社調べ)と過去に例を見ない、モンスターアプリになっています。

ゲームの仕組みは、ナイアンティックラボが運営・企画しています。主に、同社が開発した「イングレス」という位置情報ゲームを使用し、ポケモンという世界中で人気のあるキャラクターを使用しています。
さらに、ここ最近話題になっているスマートフォンカメラを使用したAR技術を使用して、現実空間にスマートフォンを通して拡張した現実(現実空間にポケモンキャラクターを出す)を投影することでポケモンのキャラクターは、様々な所でランダムに出現します。

特にポケストップといわれている、下記写真のポイントの周辺に出ることが多く、ポケモントレーナー(プレイヤーのこと)は、ポケストップからアイテムを取るとともに、経験値を獲得することが出来るために、ポケストップは、このゲームになくてならないものです。
そのため飲食店や観光地などは、ポケモントレーナーに対して、ポケストップに有料のアイテム「ルアーモジュール」を設置し、多くのプレイヤーをお店の近くに集めて集客に結びつけています。



アメリカでは早くもポケモンGOを使った販売促進活動が活況


ルアーモジュールを使って、トレーナーを店舗周辺に呼び込もう!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ニューヨークロイター2016年7月13日の記事では、
ニューヨーク州ロングアイランドにあるピザ屋は、ポケモンのキャラクターを店に引き付ける機能を起動させることで、売上が週末にかけて75%も急増。ニューヨーク・ポスト紙によると、同店のマネージャーはポケモンのキャラクター10個以上引き付けるのに10ドル支払ったという 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
とあります。このような即効性のある販売促進の事例も例を見ません。ポケモンGOの機能を利用することで、店舗への集客も未知数のものになります。 ここでは、代表的な3つを紹介させていただきます。


費用がなくてもすぐできる販促方法とは?


マクドナルドのように、ポケモンGOの公式広告スポンサーになることで、これにより近隣を歩いているポケモンGOのユーザーを集客できるでしょう。
とはいえ、小規模店舗に広告スポンサーに多額な費用を提供することはできないのが実情です。

しかしながらアプリダウンロード数1億(2016年8月2日時点)以上のモンスターアプリを有効利用しない手はありません。

そこで2つ目の方法は、先ほどご紹介した、ポケストップに有料のアイテム「ルアーモジュール」を設置する方法です。

ルアモジュールの価格は100ポケコイン。日本円で120円です。
120円で30分間の効果が得られるので、営業時間が11時〜22時までのレストラン・カフェであれば1日に22個のルアモジュールが必要となり、1日当たり2,640円の投資が必要となります(まとめ買いすればもう少し安い)。

この投資金額を上回る利益が出そうなら、試してみる価値は十分ありそうですね。


また、もっと気軽にできる方法として、筆者の店舗では、「ポケモンGOのアプリを見せて ドリンク1杯サービス」と書いたPOPを店頭に貼って呼び込みを行っています。

ユーザー層も幅広く、スタッフとお客様との会話も弾み、新規顧客の誘因施策の一つとなっています。コストをかけなくても店頭の打ち出しだけで、歩きまわっているポケモントレーナーを取り込めるかもしれません。

今が旬な「ポケモンGO」ものは試しで販促のモチーフに取り入れてみてはいかがでしょうか。

筆者プロフィール

土屋 浩士
2000年にマルチフランチャイズビジネス、及び フランチャイズ本部を運営するX社に店長として、入社。当時最低売上店舗を配属後3ヶ月で売上を3倍に。その後、直営店70店舗の統括を経て、不採算FC店舗の支援・教育を実施。「誠実に行動すれば、結果は必ずついてくる」の想いをもって、数多くのFC運営企業を支援する。さらに、広告代理店 製造業 IT会社などの代表及び取締役を歴任し、2013年に、コンサルティング及び飲食店運営企業「株式会社ファリシオ」を立ち上げる。

現在は、関西を中心に、小規模FC運営企業など新規業態立案の相談や、自社運営業態「ミスタースパゲッティ」の運営。地域貢献の為、ポータルサイトの運営など 幅広く活動している。

株式会社ファリシオ:http://www.falico.info/
簡単メルマガ登録はこちら
Facebookでシェア
Twitterでシェア
記事クリップ

関連するワード

あわせて読みたい