名古屋・三河の店長・人事担当者のためのお役立ちサイト【ヒトクル】 > 採用実践ガイド > ターゲットに合わせて採用手法を使い分ける【採用実践ガイド | ステップ3】

ターゲットに合わせて採用手法を使い分ける【採用実践ガイド | ステップ3】

2018.09.05 / 名古屋

ヒトクル事務局

※2016年9月に公開した記事を、2018年9月5日に更新いたしました。

こんにちは、ヒトクル事務局です。

この「採用実践ガイド」では、6つのステップに沿った採用戦術の立て方をご紹介いたします。

ステップ1「まずは「採用ターゲット」を明確にしよう!
ステップ2「応募を呼び込む!求職者ニーズと競合を意識した求人条件の緩和


今回はステップ3として、その情報をいかにリーチさせていくかに主眼を置いていきます。



愛知県の求職者が仕事を探す手法は多様化している



【仕事を探す手段】


上記のグラフは、愛知県でアルバイト・パートの仕事を探す方々が、具体的にどこで情報を入手しているかを表しています。これを見ると、スマートフォンが最も多く、次いでフリーペーパー、折込みチラシ、パソコンと一つの手法ではなく多様化していることが見て取れます。


属性により情報源が異なる



【属性別:仕事を探す手段】


上記の図表は、属性別にどのように仕事を探しているかを表しています。全ての属性で利用している割合が高いスマートフォンですが、特に若年層である学生の利用が37%と突出して高い傾向が出ています。

主婦・フリーターはフリーペーパーを利用する割合が比較的高く、専業主婦と無職の方は折込チラシの割合が高い傾向が出ています。

例えば、下記のような仕事があったとします。

仕事内容/飲食店ホール
時間/①10:00~14:00 ②17:00~22:00

①の時間帯は、お子さんが学校から帰ってくるまでに家に戻れる時間帯ということで、主婦層が募集ターゲットです。

②は夕方からなので、学校帰りの学生が募集ターゲットです。

この場合、フリーペーパーだけで募集を出すと②の学生をとり逃す可能性がありますし、逆にネットでの募集だけだと、①の主婦層を採用できない恐れがあります。

つまり、設定した採用ターゲットによって、最適な採用手法は異なるのです。また、採用ターゲットが複数にまたがる場合にも、より検討すべき採用手法は増えるのです。

必ずしも、フリーペーパーかWebか、どちらか一つ選んでおけば良いということにはならないということです。求人にかける予算や、時間と労力の中で、いかに最適な手法を組み合わせられるかが重要になります。

上記の調査内容は、愛知県民が仕事を探すときに利用するのは、求人誌?インターネット?どっち?にて、さらに詳しくご紹介しています。


押さえておきたい代表的な5つのアルバイト・パート採用手法


ここからは、アルバイト・パート採用において主な5つの手法の特徴についてご紹介いたします。

【ハローワーク】
ハローワーク(公共職業安定所)は厚生労働省が設置している行政機関で、企業の求人情報を集めて求職者に提供しています。行政機関のため、無料でできるということが最大の特徴です。


※ハローワークに求人情報を登録する方法については、こちらの記事にてご紹介しています。

【求人情報誌】

駅やコンビニ、スーパーなど消費者の多く立ち寄る場所に設置されているのが求人情報誌です。以前は有料のものもありましたが、今は無料のフリーペーパーが主流となっています。エリアを区切って掲載ができるため、地元密着の採用に有効な採用手法と言えるでしょう。



【求人サイト】
スマホの普及に伴い、若年層を中心にインターネットでの仕事探しの利用率も上昇しています。正社員、アルバイト、専門職など様々な切り口の求人サイトがあり、求職者は自分が希望する仕事がピンポイントで探すことが可能です。

紙媒体と異なり、圧倒的な情報量で職場の雰囲気を伝えられるのが最大の特徴です。



【折込チラシ】
新聞と一緒に折り込まれ、配布される求人媒体です。新聞広告と同様に配布され、契約している購読世帯1件、1件に確実に届けることができます。配布エリアが細かく設定されているため、特定の地域の読者に集中的に求人広告を出すことが可能です。



【店内掲示】
飲食店や小売店で低コストでできる採用手法の一つです。手軽にすぐできる方法なので、緊急性を伴わない場合に適しています。また、お店を利用するファンの方からの応募が見込めるというメリットもあります。


他にも、新しい採用手法が生まれてきています。その代表的なものが「Indeed」です。
GoogleやYahooなどの検索エンジンでキーワードを入れて検索をすると、そのキーワードにヒットしたあらゆるWebサイトの検索結果がでますよね?Indeedは、その求人情報に特化した「検索エンジン」です。

Webでの仕事探しがスタンダードとなった現在、Indeedからの流入を意識することで、より多くの求職者に自社の求人情報を見ていただくことが出来るでしょう。

詳しい特徴や、効果的な活用方法については、下記でご紹介をしています。
Indeed(インディード)って何?Indeedの特徴・仕組み・掲載までの流れ・効果的な活用方法を徹底解説


東海地方専門のメディアガイド





ヒトクルでは、みなさまにより迷わずに採用手法を選んでいただくべく、「東海メディアガイド」をご用意しております。しっかりと設定した採用ターゲットに、最適な求人手法を組み合わせて、この採用難を乗り切っていきましょう。

いかがでしたでしょうか?今回はターゲットに情報をリーチさせるための採用手法についてご紹介いたしました。
次回は、ステップ4「期待人材にめぐり会える、最適な求人期間の設定」をテーマに解説をいたします。

筆者プロフィール

ヒトクル事務局
東海地域の店長・人事担当のみなさまのお役に立てるよう、日々様々な情報を収集・配信しているサイトです。地域のトレンド情報やノウハウ、採用成功事例や各種データなど、配信コンテンツは多岐に渡ります。また、月に1回程度のペースで、セミナーを実施しています。この採用難の時代を乗り切るべく、少しでも多くの方々のお悩み解消につながれば幸いです。

「ヒトクル」は、株式会社アルバイトタイムスが運営しています。

関連するワード

あわせて読みたい