愛知・岐阜の店長・人事担当者のためのお役立ちサイト【ヒトクル】 > 求人ノウハウ > 正社員採用に悩むなら必見!正社員採用の成功のカギはどこにある?

正社員採用に悩むなら必見!正社員採用の成功のカギはどこにある?

2019.05.27 / 愛知・岐阜

ヒトクル事務局

こんにちは、ヒトクル事務局です。

今までにない有効求人倍率の高い状況が続く中、短期的に入れ替えが発生するアルバイト・パート採用から、長期で活躍してくれる人材確保をするために、正社員採用に踏み切る企業が増えています。

そのような状況で、正社員を採用したいけど
「応募が来ない・・・」「よい人が来ない・・・」というお悩みの声をよく聞きます。

そこでアルバイトタイムスでは、正社員の採用に悩みがある企業さまに向けて、「女性正社員の採用」を検討することをご提案いたします。

本シリーズでは、女性の正社員採用を検討すべき理由について、3回にわたりご紹介してまいります。第1回目は、市場データや採用担当者へのアンケート結果から「女性正社員採用のメリット」についてお伝えいたします。


従来の採用手法では応募数を確保するのは困難



●愛知県 正社員 有効求人倍率の推移


愛知県の正社員の有効求人倍率は、年々高まっており、従来の採用手法では応募数を確保することが厳しくなっています。


女性の就業意欲が高まっている



●愛知県 女性の有業率


上記は、2012年と2017年の愛知県の有業率(仕事をしている人の割合)のグラフです。全体の有業率は、1.1ポイント増加しています。男女別にみると、男性は0.3ポイント減少、女性は2.4ポイント増加で女性の増加率が大きいのが特徴です。

次に、女性の年齢別に増加率をみてみましょう。全年齢層において増加傾向が見られ、特に「60~64才」の中高年層が最も増加しています。次いで「40~44才」「30~34才」と子育て世代の女性層においても増加率が高いことが見て取れます。

このことから、愛知県の女性の就業意欲は年々増加傾向にあり、まだまだ上昇の余地があると考えられます。


「正社員になりたい、でも・・・」という潜在層が、正社員採用成功のカギ



このような市場データから、今後の正社員採用における採用ターゲットをどこにおいたらよいでしょうか?


上図は、正社員の採用市場のターゲット層を表したものです。現状では「キャリア転職志向層」「一般的な転職志向者層」といった、すでに正社員で働こうという意思がある顕在層をターゲットにしてきました。

ただし、前述したように今までの採用ターゲット層から人材獲得をするのは非常に難しくなっており、競争が激しいことから採用コストも高くなっています。

そこで、アルバイトタイムスでは、採用ターゲットを「業務遂行力はあるが、正社員での就業を視野に入れそびれている非正規層」といった潜在層へ広げることを提案いたします。

この潜在層は、例えば下記のような方をイメージしています。
・自宅から通勤できるアルバイトの仕事に甘んじていたが、本来は正社員として働きたいと思っている20代フリーター

・こどもが小学校に進学し、学童に預けられる様になったため、フルタイムの仕事をしたいと考えている30代子育てママ

・こどもが高校に進学し手が離れるため、また正社員として働くことを検討している40代女性

能力と意欲があり今後成長する可能性が高い若年女性や、こどもを出産前には正社員として働いていた経験のある女性などが該当します。こういった潜在層は、従来の採用ターゲットよりも採用難易度が低いため、採用成功率が高まる可能性があるでしょう。

つまり、正社員の採用ターゲットを女性に広げることは、採用難易度を下げて採用成功率を上げることになるのです。


女性採用のメリットとは?【採用企業の声】



女性正社員採用のメリットは、採用難易度を下げることだけではありません。そのほかにも様々なメリットがあります。

静岡・愛知の採用担当者155名に実施した「女性社員の活用に関する調査」では、「女性ならではのアイデアで業務の品質が上がった」が半数以上という結果となっています。

●女性を活用してよかったことをお教えください。(いくつでも)


<全体の傾向>
・「女性ならではのアイデアで業務の品質が上がった」が、53.1%でトップ。
次いで「職場の雰囲気がよくなった」(42.7%)、「女性社員のモチベーションが向上した」(31.3%)

<業種別傾向>
・【飲食業】では、「女性ならではのアイデアで業務の品質が上がった」と「女性社員のモチベーションが向上した」が高め。
・【警備・運送業】【建設業】では、「職場の雰囲気がよくなった」が比較的多い。⇒「男性社員に良い刺激となった」「企業イメージがよくなった」にもつながっている。
・【建設業】では、「売上や利益が向上した」「女性ならではのアイデアで業務の品質が上がった」が高い。
⇒建設業では女性活用できている例は少数ではあるが、活用できると売上や品質への好影響が感じられる。

他にも、女性採用によるメリットとして以下のような声があります。
●女性目線の考え方を取り入れ、売上が上がった、品質が上がった→取引が増えた

●育児休業の欠員対応をきっかけに、職域拡大による多職能化でスムーズに業務が回る様になった→有給休暇がとれる様になった

●女性が働きやすい環境を作ったら、男性も年をとっても活躍できる環境になった

●互いに助け合う職場風土になった

●女性の離職率が下がってきた

●男女両方の意識が変わってきた、男性社員にも刺激があった

●社内・社外から誇れる職場だという言葉が聞かれるようになった


いかがでしょうか?第1回目の今回は、女性の正社員採用を検討すべき理由について、市場データや採用担当者へのアンケート結果を元に「女性正社員採用のメリット」についてお伝えいたしました。

第2回目では、女性正社員を採用するには、どのようなポイントで採用活動をするのがよいか、求職者調査のデータからご紹介してまいります。

アルバイトタイムスでは、女性の正社員採用を応援しています。正社員採用がうまくいっていないという企業は、女性正社員の採用もぜひ視野に入れてみてはいかがでしょうか?

※昨年好評の「女性正社員応援プラン」のご案内はこちらからご覧いただけます。



【女性社員の活用に関する調査(2018年9月)】
調査時期:2018年8月30日~ 2018年9月6日
対  象:静岡・愛知で採用活動をされている担当者様
調査方法:インターネットによるアンケート調査
回答人数:155名

筆者プロフィール

ヒトクル事務局
東海地域の店長・人事担当のみなさまのお役に立てるよう、日々様々な情報を収集・配信しているサイトです。地域のトレンド情報やノウハウ、採用成功事例や各種データなど、配信コンテンツは多岐に渡ります。また、セミナーも定期的に実施しています。この採用難の時代を乗り切るべく、少しでも多くの方々のお悩み解消につながれば幸いです。

「ヒトクル」は、株式会社アルバイトタイムスが運営しています。

関連するワード

あわせて読みたい