名古屋・三河の店長・人事担当者のためのお役立ちサイト【ヒトクル】 > 求人ノウハウ > 夏のベストな募集タイミングはココだ!【愛知 採用計画早見表|2019年6月~...

夏のベストな募集タイミングはココだ!【愛知 採用計画早見表|2019年6月~7月】

2019.06.03 / 名古屋

ヒトクル事務局

こんにちは、ヒトクル事務局です。

ゴールデンウイーク前後は、例年求職者が最も活発に動く時期。採用担当者のみなさまは活発に採用活動をしているのではないでしょうか。一方、今年のゴールデンウイークは今までにない長期連休だったことが影響し、例年になく連休明けの動きが鈍いという話が出ております。

「春の入れ替えで、まだ欠員補充ができていない」
「夏の繁忙期に向けて、早めに長期で働ける人材を確保したい」
そんな採用担当者様に向けて、6月~7月に採用活動をするにはいつが最も効果的なのかについてご紹介いたします。

そこで、弊社求人サイト「DOMONETあいち」における昨年の求人件数および平均反応をグラフ化し、いつ求職者が動いているかを可視化しました。また、求職者の属性別に、この時期の動向をふまえ「採用に適した時期」を★でランク付けをいたしました。

夏の繁忙期に向けて、長期で働ける人材を確保したい企業さまは、2019年6月~7月でいつがベストなタイミングかを見極めて、効果的な採用計画を立てていきましょう。


平均反応は6月から徐々に下降


■2018年 業界全体における「求人件数」&「1記事あたりの平均反応推移」


【調査概要】
媒体/DOMONETあいち
期間/2018年6月~7月
勤務地/愛知県
※1記事当たりの平均反応:DOMONETあいちで各週での総応募数を掲載掲載件数で割った数
応募数:DOMONETあいちにて、Web応募フォームおよび、DOMONET愛知経由での電話応募の合計数


2018年の6月~7月の平均反応は、5月のゴールデンウイーク明けの余韻を残しながら6月初旬から中旬は反応が出ています。その後、夏の繁忙期に向けて求人数が増加するとともに、平均反応が徐々に下降しています。


長期の人材確保は早めがベスト、7月は短期募集に人気が集まりやすい


2018年の平均反応と求人件数のグラフから、昨年の傾向がわかりましたね。この傾向から2019年の6月~7月の募集を出すベストタイミングは、6月中くらいまでとなります。

ただし、それは長期で働ける人材確保の場合です。6月下旬以降から7月は、学生やフリーターを中心に短期の募集に人気が集まりやすくなります。そのため、長期での人材確保が難しい場合は、夏の繁盛期の人材確保のため短期の応募に切り替えることも検討してみてはいかがでしょうか。



例えば、飲食店さんで、求人誌DOMOで7月にご掲載の場合のおすすめプラン例をご紹介いたします。
7月 4日  短期ページ
7月11日 「まかない、交通費などメリットありのシゴト」
7月18日 第1特集「 夏バイトStart! 短期&短期から始めるシゴト」

アルバイトタイムスでは、このほか様々なプラン・キャンペーンをご用意しております。詳しい内容については、こちらのフォームもしくはお電話にてお気軽にお問合せください。


採用ターゲット別の動向|6月~7月




高校生・大学生
高校生は、6月は学校予定が落ち着く時期に入るので、安定した応募が見込める時期。7月中旬以降から夏休みの為、やはり夏休み短期に人気が集中します。

大学生は、新学期開始と同時に活発化した新入生の動きがひと段落する時期。ただし、6月下旬以降は夏休みの短期バイト探しが活発化します。ほとんどが8月上旬までテスト期間の為、テストが終了する7月後半に夏休み中の短期の募集を中心として動きが予想されます。

また、大学4年生は、就職活動を終えて、最後の学生生活を満喫しようと、新しいバイトを探す動きが出てきます。「大学4年生でもOK」「3月末まででもOK」という訴求はアピールできそうです。

(キャッチコピー例)
・テスト期間考慮します!入社日は応相談。
・お盆中の帰省もOK
・卒業までの短期(3月末まで)もOK

主婦
学生と同様に6月下旬以降は動きが落ち着く時期。また、夏休み期間に入ると応募を控える傾向がある為、早目の採用をお勧めします。お盆休み以降から勤務できる長期バイトを探し始めます。

(キャッチコピー例)
・1日3時間、週2日からOK
・平日のみ、土日祝のみの勤務も歓迎
・お子さんの学校行事に合わせてシフトを組めます
・扶養内での勤務も相談可

フリーター
GW短期のバイトが終了後、安定した長期バイト又は、夏休み短期のバイトを探し始めます。短期をきっかけに、長期に切り替えることもあるタイミングです。また、賞与後に退職予定の社会人の動きも予想されます。

(キャッチコピー例)
・8月末までの短期もOK
・髪型・服装・ピアスも自由。個性を活かして働けます

正社員
6月は上半期で最も動きのある時期。賞与後の転職者の活動がピークとなります。また、8月のお盆休み後の退職予定者が、情報収集をする時期に入ります。盆休み前後までが上半期最後のピークとなります。

(キャッチコピー例)
・入社日は相談に応じます
・未経験から始めたスタッフが多数います。ここから始めてみませんか?
・前職は●●、●●、●●など異業種からの転職者が多数。チームを組んでバックアップする体制が整っています

※採用ターゲットの年間動向早見表はこちらからダウンロードが可能です。


勤務開始日から逆算して約6週間


■希望人材の採用活動スケジュール



採用計画は4週間の掲載プランで仮定してみると、初出勤まで6週間くらいみましょう。上記の採用スケジュール表で、初出勤の時期から逆算して考えるとよいでしょう。

【計画作成のポイント】
 ① 採用後、育成研修が一通り終わるタイミングを「ゴール」として計画を立てましょう。
 ② 求人および面接に必要な期間は、最低でも1ヵ月を見積もっておきましょう。

本記事でご紹介した資料は、こちらよりダウンロードしていただけます。ぜひ、求人活動の参考にしていただければと思います。

アルバイトタイムスでは、この時期にぴったりな様々なプランをご用意しております。詳しい内容については、こちらのフォームもしくはお電話にてお気軽にお問合せください。

筆者プロフィール

ヒトクル事務局
東海地域の店長・人事担当のみなさまのお役に立てるよう、日々様々な情報を収集・配信しているサイトです。地域のトレンド情報やノウハウ、採用成功事例や各種データなど、配信コンテンツは多岐に渡ります。また、セミナーも定期的に実施しています。この採用難の時代を乗り切るべく、少しでも多くの方々のお悩み解消につながれば幸いです。

「ヒトクル」は、株式会社アルバイトタイムスが運営しています。

関連するワード

あわせて読みたい