愛知・岐阜の店長・人事担当者のためのお役立ちサイト【ヒトクル】 > 求人ノウハウ > 【2019年版】Indeed以外にもある!求人特化型検索エンジン5選を徹底比...

【2019年版】Indeed以外にもある!求人特化型検索エンジン5選を徹底比較

2019.12.03 / 愛知・岐阜

ヒトクル事務局

ここ数年でおなじみとなったIndeed。求人に特化した検索エンジンとして「無料で求人情報を掲載できる」とCMでも話題となっています。

実は、こういった求人特化型の検索エンジンは、Indeed以外のサービスも増えており、それぞれ特徴があります。本記事では、改めて求人特化型検索エンジンについてご紹介するとともに、その種類とそれぞれの特徴についてお伝えしたいと思います。


求人特化型検索エンジンとは?


GoogleやYahooなどの検索エンジンでキーワードを入れて検索をすると、そのキーワードにヒットしたあらゆるWebサイトの検索結果がでてきますよね?Indeedは、その求人情報に特化した検索エンジンです。

従来では、特定の求人サイトでは、そこに掲載した求人情報しか求職者は探すことができませんでした。

求人特化型検索エンジンでは、A社運営求人サイトの求人情報、B社運営の求人サイトの求人情報、C社のホームページに掲載されている求人情報など、Web上にある求人情報が一度に検索することが可能です。

そのため、より多くの求人情報から仕事を探したい求職者に支持され、年々利用者が増加傾向にあります。

また求人特化型検索エンジンの中には、ユーザーの検索履歴や位置情報などから一人ひとりにあった検索結果を表示しているものもあります。Googleと同じく「ユーザーファースト」という考え方から、求職者にとって分かりやすい求人情報が優先的に表示されるようになっています。



採用手法のトレンドは、「求人情報サイト+検索エンジン+自社ホームページ」


それでは、こういった求人特化型検索エンジンは、静岡・愛知の求職者にどれくらい利用されているのでしょうか?

●PC・スマホを使った仕事の探し方で当てはまるものをお選びください。


上記は、2019年12月に静岡・愛知の求職者に調査したWeb求人情報検索に関する調査結果です。特定の求人サイトを利用している方が57.2%、YahooやGoogleなどの検索サイトにキーワードを入れて検索する方が37.8%という結果となっています。

静岡・愛知では、まだまだ特定の求人サイトを利用する求職者が多い状況です。一方で、採用難の現在、キーワード検索する4割近い方にもしっかりと情報を届けなくてはなりません。

最近の採用手法のトレンドとしては、求人情報サイト+検索エンジン+自社ホームページといった複数の手法を利用して、求職者にもれなく自社の求人情報を届けることが主流となっています。



代表的な検索エンジンの種類と特長



Indeed


求人検索エンジンの先駆けとなり、仕事探しの手法を一変させたのがIndeedです。世界No1の求人検索エンジンとして、日本でも月間2800万人の訪問者数があり、日本No1の求人検索エンジンです。
元々は2004年にアメリカで誕生したサービスで、2012年にリクルート社が買収。

【特徴】
・利用者数が国内No1のため、あらゆるユーザーに情報が届く
・無料で掲載ができる(クローリング、直接投稿、ATS連携)
・広告掲載が可能(クリック課金制)
・競合が多く、特徴のある求人情報でない場合、埋もれてしまう可能性がある

※Indeedへの掲載方法については、下記記事をご参照ください。
Indeed(インディード)って何?Indeedの特徴・仕組み・掲載までの流れ・効果的な活用方法を徹底解説


スタンバイ


株式会社ビズリーチが展開する求人検索エンジンです。常時900万件強(2018年9月)の求人件数が掲載されており、国内最大級を誇っています。

【特徴】
・国内で唯一「Yahooしごと検索」と連携。Yahooユーザーにも訴求できる
・無料で掲載ができる
・有料掲載(クリック課金制)が可能
・成長中の求人検索エンジンのため、有料広告で競合が少なくクリック単価を抑えることができる
・女性や主婦層に強い傾向がある


求人ボックス


カカクコムが運営する求人情報検索一括サービスです。価格.comや食べログ、キナリノなどの国内屈指のサービス運営で培った経験を活かし、求職者のシゴト探しをサポートするコンテンツが充実しています。また最近ではSEOに強く、検索の上位に表示されることも多くみられます。

2015年のリリース以降、順調に利用者数を伸ばしており、Indeedに出稿している企業にとっては、無視できない求人検索エンジンです。一時期は新規登録の受付を行っていませんでしたが、2019年3月より新規の受付を再開しています。

【特徴】
・「求人ボード」を利用して、無料で掲載ができる
・有料掲載(クリック単価50円のスタンダードプラン、50円~100円のプレミアムプラン)ができる
・成長中の求人検索エンジンのため、有料広告で競合が少なくクリック単価を抑えることができる
・正社員や採用難職種に強い傾向がある


Googleしごと検索


Googleしごと検索(Google for Jobs)は、Googleで求人情報を検索するとWeb上の求人情報が上部にまとめて出てくるサービスです。日本に先駆けて世界中でサービスが提供されていましたが、ようやく日本でも2019年1月に開始されました。

【特徴】
・検索エンジン最大手の「Google」で検索すると、求人専用の枠で表示され、目につきやすい
・求人情報を直接作成することはできない
・有料の掲載枠がない(2019年11月現在)

※Googleしごと検索(Google for Jobs)へ掲載する方法については、下記記事をご参照ください。
2019年1月「Google for Jobs」が日本でスタート!【最新採用トレンド情報】

Yahoo!しごと検索


Yahoo!しごと検索は、Yahoo!のポータブルサイトを運営しているYahoo!JAPANが提供している求人サービスです。Yahoo!のポータルサイトに入ると、検索バー上部の赤枠で囲った部分のように「求人」と記載されている項目があります。ここをクリックすると、Yahoo!しごと検索にジャンプします。

クローリングはスタンバイを運営しているビズリーチが提供しているため、ビズリーチの求人やスタンバイと同じ求人情報が出てきます。
 
【特徴】
・Googleにつぐ検索エンジン大手の「Yahoo」が提供しているため、多くのユーザーにリーチしやすい
・主婦層や、40代以上の利用が多い
・無料で掲載ができる
・有料掲載(クリック課金制)が可能


手間なく、複数の求人検索エンジンに自動連携するには?


前述しましたとおり、現在の採用手法のトレンドは「求人情報サイト+検索エンジン+自社ホームページ」でもれなく求職者に自社の求人情報を届けることです。

それでは、手間なく複数の求人検索エンジンに露出するには、どうしたら良いでしょうか?

アルバイトタイムスが提供する採用管理システム「ワガシャde-DOMO」は、これらの求人検索エンジンと自動連携して、より多くの求職者に自社の情報を届けることができます。

さらに、「ワガシャde-DOMO」は、定期的な更新作業も料金に含まれているため、求人検索エンジンで情報が古くなって埋もれる心配がありません。

もちろん、静岡・愛知の求職者が多数利用している求人サイト「DOMONET」にも掲載されるため、網羅的に求職者を囲い込むことができます。




また無料だけでなく、さらに露出を強化したい場合は、Indeed、求人BOX、スタンバイの有料広告の運用に関しても、当社でまとめてご支援ができます。まずは御社の予算や目標採用数をヒアリングしてシュミレーションをしますので、お気軽にお問合せ下さい。

※Indeed、求人BOX、スタンバイの各特長と仕様に関する比較表は、こちらからダウンロードできます。

筆者プロフィール

ヒトクル事務局
東海地域の店長・人事担当のみなさまのお役に立てるよう、日々様々な情報を収集・配信しているサイトです。地域のトレンド情報やノウハウ、採用成功事例や各種データなど、配信コンテンツは多岐に渡ります。また、セミナーも定期的に実施しています。この採用難の時代を乗り切るべく、少しでも多くの方々のお悩み解消につながれば幸いです。

「ヒトクル」は、株式会社アルバイトタイムスが運営しています。

関連するワード

あわせて読みたい