ゴールデンウィーク前後の求職者の動きはどうなる?【採用計画早見表】

2018.04.11 / 静岡

ヒトクル事務局

こんにちは、ヒトクル事務局です。

1年間の中で3月から5月は、もっとも企業の採用ニーズと求職者の転職ニーズがともに高まる時期です。

春のスタッフの入れ替えで、すでに募集をされている企業も多いのではないでしょうか。
もうすぐゴールデンウィークですが、気になるのはゴールデンウィーク前後の人の動きです。

今回ヒトクルでは、いつが求人のベストタイミングなのか参考になる資料を作成いたしました。

・2017年の求人件数および1記事あたりの平均反応の推移
・求職者の属性別に、この時期の動向をふまえ「採用に適した時期」を★でランク付け


本記事でご紹介した資料は、こちらよりダウンロードしていただけます。
ぜひ、この時期の採用計画を立てる際の参考にしてください。

※「販売業」の昨年のデータは「2018年3月~5月、いつ求人募集をしたら効果的?【採用計画早見表/販売】」でご紹介しています。

※ご希望の方には、無料で採用計画を作成いたします。こちらのフォームからお気軽にお問合せください。
※なお、上記サービスは静岡県内の求人を対象とさせていただきます。


4月中旬から反応が上昇し、5月末まで上昇傾向が続く


■2017年 「求人件数」&「1記事あたりの平均反応推移」


【調査概要】
媒体/DOMONET静岡
期間/2017年3月~5月
勤務地/静岡県


昨年の1記事あたりの平均反応は、4月中旬から上昇し、GWを挟み5月末まで上昇傾向が続いています。
また、求人件数は3月に増加している傾向が出ています。


4月中旬~5月末までが好機


■採用ターゲット動向|3月~5月



高校生・大学生は、3月は春休みの短期募集は反応がある。4月は情報収集をしながら、授業の日程が決まり次第動き始める。GWは帰省や旅行もあるため、GW明けからの勤務がベスト。

主婦は、3月は春休みを子供と過ごすために活動は鈍化傾向。4月より活動を開始し、子供の学校のスケジュールが決まるGW明けからの勤務開始を予定している。

正社員は、3月に4月入社を目指す求職者が活発化。4月中旬くらいから、U・Iターンに情報収集する傾向。5月以降は、夏の賞与後の退職を見越した転職希望者が動き始める。

※採用ターゲットの年間動向早見表はこちらからダウンロードが可能です。


勤務開始日から逆算して約6週間


■希望人材の採用スケジュール


採用計画は今からですと、GW明けまでの4週間の掲載プランで仮定してみると、初出勤まで最低6週間くらいみましょう。上記の採用スケジュール表で、初出勤の時期から逆算して考えるとよいでしょう。

本記事でご紹介した資料は、こちらよりダウンロードしていただけます。ぜひ、求人活動の参考にしていただければと思います。

※ご希望の方には、無料で採用計画を作成いたします。こちらのフォームからお気軽にお問合せください。
※なお、上記サービスは静岡県内の求人を対象とさせていただきます。

筆者プロフィール

ヒトクル事務局
東海地域の店長・人事担当のみなさまのお役に立てるよう、日々様々な情報を収集・配信しているサイトです。地域のトレンド情報やノウハウ、採用成功事例や各種データなど、配信コンテンツは多岐に渡ります。また、セミナーも定期的に実施しています。この採用難の時代を乗り切るべく、少しでも多くの方々のお悩み解消につながれば幸いです。

「ヒトクル」は、株式会社アルバイトタイムスが運営しています。