Indeed(インディード)って何?Indeedの特徴・仕組み・掲載までの流れ・効果的な活用方法を徹底解説

専門家コラム

2018.07.11 / 名古屋

ヒトクル事務局

こんにちは、ヒトクル事務局です。

数年前から新しい採用手法の一つとして話題の「Indeed(インディード)」。求人業界の黒船と言われているIndeed(インディード)について、Indeedのイの字から徹底解説いたします。

・そもそもIndeed(インディード)って何?
・Indeed(インディード)の特徴と仕組み
・実際にIndeedに広告を掲載するまでの流れ
・Indeedで表示されやすくするには?


そもそもIndeed(インディード)って何?


Indeedとは「求人情報専門の検索エンジン」です。

GoogleやYahooなどの検索エンジンでキーワードを入れて検索をすると、そのキーワードにヒットしたあらゆるWebサイトの検索結果がでますよね?Indeedは、その求人情報に特化した検索エンジンです。

例えば、静岡市で事務の仕事をインターネットで探そうとしたときに、ある特定の求人サイトを利用するとしましょう。でもその求人サイトに掲載していない事務の仕事がもしかしてあるかもしれません。そうすると他の求人サイトも探す必要があります。

一方、Indeedで検索すれば、静岡市の事務の仕事を求人サイトを使わずに検索ができます。会社のホームページやDOMO、タウンワーク、ハローワークの情報も一気に検索ができるのです。




運営会社: indeed, Inc.  
本社:アメリカ合衆国

2004年11月 – ポール・フォースターとロニー・カーンにより共同設立
2009年11月 – 日本での運営を開始。
2010年04月 – 世界7大陸すべてでサービスを展開する初のウェブサイトとなった。
2012年09月 – ニューヨーク・タイムズが保有株式をリクルートホールディングスに売却。

日本国内の求人情報数も圧倒的で、月間約1000万人以上のユーザーがいると言われています。


Indeed(インディード)の特徴と仕組み


Indeedは、「キーワード」と「勤務地」でシンプルに検索できるのが特徴です。



職種や会社名などを入れるキーワードと勤務地を入れる2つのテキストボックスがあります。求職者がそれらを入力すると、条件にマッチする求人情報が表示されます。

表示される求人情報には、有料のスポンサー広告(「スポンサー広告」と表示があります)と無料広告があります。


Indeedはなぜ求職者から支持されているのでしょうか。


求職者にとってのメリットは、

一つ目は、求人メディアの垣根を越えて自分の条件にあう求人情報を探せることです。一度で手間なく多くの選択肢から探すことができます。

二つ目は、検索しているユーザー一人ひとりによりマッチした求人情報が優先的に表示されることです。

従来のWeb求人媒体では、広告料や別料金のオプションなどによって検索結果の順位が決定されていましたが、Indeedでは個人にマッチした順になるので、応募率や採用率も高くなる傾向があります。

上記の二つのメリットによって、Indeedは多くの求職者から支持されています。そのため、採用企業にとっても応募者の獲得に有効な手段の一つとなっています。


実際にIndeedに広告を掲載するまでの流れ


Indeed に掲載する方法は2パターンあります。


【①無料で掲載する方法】
①-1 自社で投稿する方法
「Indeed 求人広告掲載」で検索すると、無料で掲載できるページがあります。そこからアカウントを作成し、必要事項を入力していけばカンタンに求人広告を掲載することができます。

①-2 自社採用ホームページやATS(採用管理システム)で連携する
自社採用ホームページであればIndeedにクローリングされるか、またはデータフィードをする方法があります。

※クローリングとは、Indeedのプログラムがインターネット上のリンクを辿ってWebサイトを巡回しWebページ上の求人情報を取得すること。Indeedのアルゴリズムに依存するので、必ずクローリングされるとは限りません。

※データフィードとは、「自社で保有する求人データ」を「Indeed社のフォーマット」に変換して情報を送信する仕組みのことです。クローラー任せの受け身な掲載だけではなく、掲載したい求人情報を積極的に伝える手段ですが、あまり一般的ではありません。

ATS(採用管理システム)を利用している場合は、Indeedと自動連携しているATS(採用管理システム)であれば掲載をすることができます。

【②有料(スポンサー)で掲載する方法】
有料(スポンサー)枠は、クリック課金制です。その特徴は下記の遠りです。
・Indeed の検索結果でユーザーの目につきやすい位置に表示される
・最初に予算を設定するクリック課金制
・予算により、求人広告の露出回数、検索結果での順位が変化
・有料(スポンサー)枠は、無料の求人よりも最大5倍クリックされている(※Indeed社 HPより)

②-1 自社で投稿する方法
Indeedのホームページで自社のアカウントを作成します。そこで入力フォームに沿って自分で求人広告を作り、有料広告の設定をすることができます。

②-2 代理店が運用する方法
Indeedの運用代理店に任せる方法もあります。豊富な経験と知識を持つ代理店を選べば、効果的な掲載方法や適切な広告費用なども相談に乗ってもらいながら運用することができます。


Indeedの無料広告に表示されやすくするには?


Indeedで自社の求人広告が表示されやすくするアルゴリズムは公開されていません。ですがIndeedの方針から、求職者の立場に立って、誠実に情報発信しているページが高く評価される、と言われています。

Indeedの最低掲載基準は、下記と言われています。




【効果的な職種名の書き方】
①職種名は明確で具体的であること
業務内容を記載する。特定の業界の経験がある候補者をお探しの場合は、業界を明確に記載することでより適格な候補者を見つけることができます。また長すぎるのも分かりにくいので、15文字以下での表記を心がけましょう。

 〇病院内の看護師
 〇デイケア介護スタッフ
 〇ドライブインレストランのホール
 〇求人広告の新規開拓営業

 ×看護師
 ×営業

②職種名に避けるべき内容
職種に直接関係しない修飾の付いた職種名
 ×未経験・無資格でも働ける簡単な介護スタッフ
 ×土日休みのPC入力スタッフ
 ×有名なバンドのライブ設営スタッフ

感嘆符
 ×老人ホームの支援員さん!

求職者に分かりにくい表現(社内用語、略語、専門用語)
 ×ワンダフルメイトさん
 ×PT
 ※ユーザーが分かりやすいか誤解を与えないかどうかが、判断基準となるようです。


【効果的な仕事内容の書き方】
①簡潔かつ明確な業務の内容説明
仕事内容に十分な詳細情報がふくまれていることと、簡潔であることを両立させましょう。時には内容を加えるよりも削ることが重要な場合があります。必要以上に職務を誇張したり、控えめに記載するのは避けましょう。

例えば、海外での取引がないのに「グローバルな企業」と説明することはやめましょう。

②募集する職種の位置づけ(所属する部署や、上役の役職)
 〇名古屋営業部での大口顧客の担当をしていただきます。名古屋営業課課長の下で自分の力を発揮してください。

③必要な学歴・経験や資格
 〇介護福祉士、経験3年以上

④企業情報、風土や職場の環境について(会社概要、事業内容、売上高、従業員数、福利厚生など)
 〇株式会社アルバイトタイムスは創業40年、求人情報誌の草分け的な企業として発展してきました。創業当時から社員同士が「役職」で呼ばずに「〇〇さん」と呼ぶ自由な風土があります。


【企業ページの活用】
Indeedの企業ページを活用することでより評価を高めることができます。Indeed の採用企業アカウントがあれば、無料ですぐに利用することが可能です。


いかがでしたでしょうか。
今回Indeedについて、その特徴・仕組み・掲載までの流れ・効果的な活用方法を解説いたしました。

筆者プロフィール

ヒトクル事務局
東海地域の店長・人事担当のみなさまのお役に立てるよう、日々様々な情報を収集・配信しているサイトです。地域のトレンド情報やノウハウ、採用成功事例や各種データなど、配信コンテンツは多岐に渡ります。また、月に1回程度のペースで、セミナーを実施しています。この採用難の時代を乗り切るべく、少しでも多くの方々のお悩み解消につながれば幸いです。

「ヒトクル」は、株式会社アルバイトタイムスが運営しています。