名古屋・三河の店長・人事担当者のためのお役立ちサイト【ヒトクル】 > セミナー > 【7/12開催】人事労務担当者が知っておきたい民法の基礎と活用講座(平成28...
このセミナーは終了しました。

【7/12開催】人事労務担当者が知っておきたい民法の基礎と活用講座(平成28年度) ~労働関係を民法の側から見つめるとともに、業務上必要な民法の基礎知識を整理~

セミナー

2016.05.13 / 名古屋

セミナー概要
日々の労務管理や労務トラブルが発生した場合、よりどころとなる法律は労働基準法等の労働関係法規です。しかし、実際のトラブルの現場では、民法の適用や解釈が問題になる場面が多くあります。

例えば、残業代請求に際して内容証明を出すと時効が止まるのか?定額残業代を100時間分と定めて合意すれば有効か?従業員が通勤交通費を不正に受給していた場合、会社は何年分返還を求めることができるのか?団体交渉において、社長が「未払い残業代を払うつもりがある」と言ってしまったらどのような効果が発生するのか?

実はこれらはすべて民法の問題です。労務トラブルに適切に対応するには、民法の知識が必要不可欠です。そこで、今回は人事労務担当者にぜひ押さえていただきたい民法の基礎知識とその活用方法を、事例を踏まえて分かりやすく解説いたします。講座内容に興味のある皆様のご参加をお待ちしております。
開催日時・場所
開催日 2016年07月12日(火)
開催場所 アビタン(全労済愛知県本部会館)
名古屋市熱田区金山町1-12-7
時 間 10:00-16:30
参加費 8,000 円
主 催 公益財団法人 愛知県労働協会
備 考 講師プロフィール
狩野・岡・向井法律事務所
 弁護士 岸田 鑑彦
満員御礼のため募集を終了させていただきます。
簡単メルマガ登録はこちら
Facebookでシェア
Twitterでシェア
記事クリップ

関連するワード