このセミナーは終了しました。

【6/14開催】社会保険実務『入門』講座

セミナー

2016.05.10 / 名古屋

セミナー概要
マイナンバー制度により届出用紙が変わります!

2016年からマイナンバー(個人番号)制度により、届出用紙が変わります。
社会保険は複雑でわかりにくいものです。
制度のしくみを理解し、社会保険事務を正確に処理しておくことがきわめて大切です。
日頃から正しい処理をしておかないと、万が一の災害を被って、救いの手をさしのべて欲しいときに、何の役にも立たないことがあります。

本セミナーでは、労災、雇用、健康、厚生年金各保険について事務手続、保険料の計算、納付の手続きなど、実際の届出用紙を用いたケーススタディを交えてわかりやすく解説いたします。
社会保険の担当者はもちろん、担当者を指導される管理者の方にも最適です。

<内容・スケジュール>
1.マイナンバーと社会保険の実務
 (1)マイナンバー制度により変更される届出用紙
 (2)個人番号の収集  3.本人確認の方法と個人番号の管理
2.社員を採用したとき、退職したとき
 (1)社員を採用したときは
   ・被保険者となる人、ならない人
 (2)社員が退職、転勤、出向したときは
3.労働保険の定例事務は
 (1)毎年7月に行う年度更新事務
4.社会保険の定例事務は
 (1)毎年7月に行う算定基礎届とは
 (2)報酬に変動があったときに行う月額変更届とは
5.保険料の徴収と納付は
 (1)健康保険料と厚生年金保険料の徴収と納付は
 (2)介護保険料、雇用保険料の徴収は
 (3)賞与を支払った時の保険料徴収は
6.保険給付のあらまし
 (1)保険事故と保険給付は
   ・疾病・負傷・休業・障害・出産・失業etc
 (2)業務上、通勤途上、業務外の災害とは
7.年金制度のしくみ
 (1)年金制度のしくみ
 (2)在職老齢年金の計算
こんな方におすすめです
  • 初めて社会保険事務を担当される方、知識の再点検をしておきたい方、及び指導者の方
開催日時・場所
開催日 2016年06月14日(火)
開催場所 名古屋商工会議所5階 会議室D
時 間 10:00-16:30
参加費 備考欄参照
主 催 名古屋商工会議所 中小企業・会員支援部 人材支援グループ
備 考 会 員(1 名につき) 14,400 円(税込)
非会員(1 名につき) 28,800 円(税込)

講師プロフィール
株式会社コンサルティングオフィス YOSHIDA 代表取締役
人事コンサルタント・社会保険労務士 吉田 正敏 氏
企業の労務指導にあたるかたわら、賃金制度や目標管理制度の導入、新入社員研修などを行う。また、各都市銀行系、出版社系、経済団体などのセミナーにも出講。
著書として「みてわかる給与計算マニュアル」「社会保険入門の入門」「知らないと損する労働基準法」「労基法の知識と人事労務の仕事」など多数。
満員御礼のため募集を終了させていただきます。
簡単メルマガ登録はこちら
Facebookでシェア
Twitterでシェア
記事クリップ

関連するワード