今の採用力が3分で分かるスピード診断

下記18個の設問にお答えいただくと、現在の採用力が、「総合点」「相対グラフ」「総評コメント」の3つのポイントでわかります。また診断結果を踏まえた、おすすめ記事をお読みいただくことで、採用力改善のためのノウハウを学ぶことができます。

できている

ややできている

ややできていない

できていない

Q.1

採用時間帯に合わせて、採用ターゲットを変更している。

Q.2

求人の時期に合わせて、採用ターゲットを変更している。

Q.3

地域特性に合わせて、採用ターゲットを変更している。

Q.4

応募が芳しくない時には、処遇や勤務条件を見直している。

※周辺の求人競合を踏まえ、時給・手当などの処遇改善や、勤務時間・曜日などの条件緩和ができているか。

Q.5

応募が芳しくない時には、求人記事のアピールポイントを見直している。

※アピールポイントとは、「時給」・「待遇」・「職場環境」・「育成環境」・「オープニング」などを指す。

Q.6

採用ターゲットに合わせて、求人記事のアピールポイントを変更している。

※アピールポイントとは、主婦に向けて「日勤」・「平日」・「同世代が多い」などを指す。

Q.7

採用ターゲットに合わせて、採用手段を使い分けている。

※採用活動とは、「求人サービス」・「公共の求人手法(ハローワーク、学校)」・「貼り紙」・「紹介」などを指す。

Q.8

予算・余力を踏まえ、複数ある採用手段に優先順位を付けている。

※採用活動とは、「求人サービス」・「公共の求人手法(ハローワーク、学校)」・「貼り紙」・「紹介」などを指す。

Q.9

採用・戦力化のリードタイムを踏まえて、求人計画を立てている。

Q.10

全ての電話を3コール以内に取れる体制を構築している。

Q.11

問合せに対して、すぐに確認・返答する体制を構築している。

Q.12

応募者に好印象を与える電話やメールの応対ができている。

Q.13

応募から1週間以内に面接を実施している。

Q.14

事前に合否連絡をいつまでに行うか、応募者に伝えている。

Q.15

面接を、応募者との相互理解の場として認識している。

Q.16

事前に入社時に必要な準備事項や入社後の流れを、採用者に伝えている。

Q.17

事前に入社後の育成担当者や研修プログラムを設定できている。

Q.18

定期的な面談・フィードバック(承認動機付け)を行っている。

Facebookでシェア
Twitterでシェア