愛知・岐阜の店長・人事担当者のためのお役立ちサイト【ヒトクル】 > 採用実践ガイド > 中小企業・個店様向け→2020年秋期採用に向けて検討したいWEB求人“7つの...

中小企業・個店様向け→2020年秋期採用に向けて検討したいWEB求人“7つのポイント~採用管理システム利用のススメ~”

2020.08.07 / 愛知・岐阜

谷藤 毅

株式会社アルバイトタイムス セールスサポート課 課長

こんにちは、株式会社アルバイトタイムスの谷藤と申します。
今年は、「新卒採用や春期・夏期の定期採用」に関して、新型コロナウィルスの感染拡大が影響し、様々な・複雑なご相談や要望が弊社に届いておりますが、御社のご状況はいかがでしょうか?

社員・アルバイト&パート従業員採用の中止・縮小、緊急事態宣言明けの採用活動スピード再開・強化など、エリア・業界ごと様々な動きがございます。

ちなみに2020年5月時点で企業様にアンケートした求人・採用の予定に関するアンケートでは「いままでと変わらない=30%」「今までよりも縮小する=45%」「休止・中止する=15%」「今までよりも強化する=20%」といった状況でした。

コロナ動向も気になるところですが、このようなフレキシブルな対応を求められる今だからこそ「採用管理システム“ワガシャde-DOMO”」を通じた求人情報露出をオススメさせていただきたいのです。

ちなみについでにもう1つ。2020年7月度のワガシャde-DOMOのお申込み企業の業種別構成比は以下の通りとなっております。週により若干の増減はありますが、2020年6月以降…毎週80社前後のお客様からお申込みをいただいています。



そんな採用管理システム“ワガシャde-DOMO”について、前置きが長くなりましたが、なぜこちらのシステムが良いか?7つのWEB求人のトレンドに合わせてご説明させていただきたいと思います。

■WEB求人で押さえておきたい7つのポイント (アルバイトタイムスオススメver)


1、IndeedやGoogleしごと検索など、求人情報検索サイトへの情報露出を行う

2、予算や人員が限定的な企業様は、採用管理システム経由でのWEB求人露出を行う

3、採用管理システム経由で、Indeedへ情報を露出する際は、
   露出確率が高まる「Indeedエントリー仕様のシステム」を利用する

4、自社採用サイトを活用し、求人広告費を「0円」にする取組みを行う (トライする)

5、採用ターゲットへのフィット感を高め、良い人採用を促進するために、
   1記事=1勤務地/1ターゲットの求人記事を制作&露出する

6、記事閲覧数を増やすために、インデックス表記にこだわる・熟考する

7、応募数・マッチングを高めるために、月2回以上の求人記事更新・修正を行う



1、IndeedやGoogleしごと検索など、求人情報検索サイトへの情報露出を行う

スマホの普及により、情報入手は「検索」が当たり前に。GoogleやYahoo!に直接キーワードを入れて、自分に合う仕事を検索。検索結果で上位表示される求人サイトは・・・。

IndeedやGoogleしごと検索など、求人情報のまとめサイトの上位上表示が目立ちませんか?

そう、それらのサイトは求人情報・利用者が多く、検索サイトでの評価が急上昇。ゆえに、それらのサイトに自社の求人情報をいかに多く露出させておくか?がポイント。

言い換えると、求人サイトや求人メディアへの情報露出のみでは不足する可能性がありますので、IndeedやGoogleしごと検索への情報露出は検討されたほうが良さそうです。


2、予算や人員が限定的な企業様は、採用管理システム経由でのWEB求人露出を行う

Indeedがよい!とわかっても、応募数や良い人採用に向けては、露出を高めたい。そうなった際は、スポンサー枠という有料で露出を高められるサービスがあります。そのサービスは、発注先にもよりますが、中小企業・個店様では少々勇気のいる15万円前後から・・・のような料金設定が多くなっています。

かわりに、弊社の採用管理システム“ワガシャde-DOMO”では、月額30,000円台という安価でIndeedへの露出強化が可能となっておりますので、中小企業様・個店様ほど、採用管理システム”ワガシャde-DOMO”を使っていただきたいんです。

3、採用管理システム経由で、Indeedへ情報を露出する際は、
   露出確率が高まる「Indeedエントリー仕様のシステム」を利用する


この求人いいな!と思った際に、応募ボタンを押して、何ステップで応募が完了するか?は、応募率を高めるために非常に重要なポイントです。採用管理システム経由でIndeedへの露出(入口)が当たり前になった今だからこそ、応募という出口までこだわることで、採用成功に1歩近づくことができます。




4、自社採用サイトを活用し、求人広告費を「0円」にする取組みを行う (トライする)

採用ホームページを採用に活かせていない・・・よくお聞きします、サイト改修に、100万単位のご予算を掛けられる場合も…。ですが、今の採用サイトのトレンドは「採用管理システムを利用して採用サイトを作る事」採用サイト内の求人情報=募集要項は、そのままIndeedやGoogleしごと検索に露出が可能となります。

ゆえに、今までかかっていた求人広告費用が不要になることも。詳しくはこちらのセミナー動画にまとまっておりますので、気になる方は見てみてください。



5、採用ターゲットへのフィット感を高め、良い人採用を促進するために、
   1記事=1勤務地/1ターゲットの求人記事を制作&露出する

 
6、記事閲覧数を増やすために、インデックス表記にこだわる・熟考する

7、応募数・マッチングを高めるために、月2回以上の求人記事更新・修正を行う


採用成功に向けてのWEB求人の記事作成にはいくつかのポイントがあります。「1人でも多くの人に届け」→「いいな!と思って記事を見てもらい」→「応募してみよう!」という状態に持っていくためには…。

ちょうど、8月19日(水)に下記のWEBセミナーがありますので、こちらの内容について、ご興味のある方は、こちらへご参加をお願いいたします。
●WEB求人記事の作成&露出の基本 セミナー

中小企業・個店様向け→2020年秋期採用に向けて検討したいWEB求人“●つのポイント~採用管理システム利用のススメ~”について、いかがでしたでしょうか?

採用市場に大きな変化がある今だからこそ、採用活動・求人広告出稿の見直しが必要なタイミングとなります。まずは御社のご状況や実現したい事からのご相談でも結構です。

弊社、谷藤(たにふじ)宛に、お気軽にご連絡くださいませ。
→谷藤への連絡はこちらより  

筆者プロフィール

谷藤 毅
2000年4月、株式会社アルバイトタイムス入社。
入社以来、東京都・大阪府・静岡県・愛知県などにて求人メディア営業・代理店渉外業務、販促メディアの新規立ち上げ、営業所長など、様々な業務・役割に携わる。2019年より営業支援課を立ち上げ、求人&採用企画/営業企画/インサイドセールスを中心にお客様の採用課題解決に向けた企画開発、弊社や代理店営業員の育成/営業組織の活性化、提案力向上、顧客満足の向上に、力を注いております。

関連するワード

あわせて読みたい