愛知・岐阜の店長・人事担当者のためのお役立ちサイト【ヒトクル】 > 求人ノウハウ > 介護業界で働く人の本音調査!約7割は離職経験があるものの、約6割は業界復帰も...

介護業界で働く人の本音調査!約7割は離職経験があるものの、約6割は業界復帰も検討?

2020.04.16 / 愛知・岐阜

ヒトクル事務局

こんにちは、ヒトクル事務局です。

この記事は当局が独自に実施した求職者の動向をレポートにしたものです。

今回は「介護業界」で就業経験がある男女123名の回答をもとに、「離職経験」や「離職後の進路」等、WEBアンケートの結果をもとに求職者の実際の声をまとめています。今後の採用に向け参考にしていただければ幸いです。




3年未満に約6割が離職経験あり



【介護業界における離職経験の有無】

回答者のうち68%の人が「離職経験がある」と回答しました。
約7割が離職経験があるということで、採用以外にもスタッフの定着化も課題として想定されます。




【離職までの在籍期間】

離職までの期間として、「1年未満で離職した」が32%、「1年以上3年未満で離職した」が33%、「3年以上就業後に離職した」が35%となります。

3年以内の離職が約6割と、早期での離職傾向があることがわかります。





離職理由としては「職場の人間関係」が34%で最多



【当時の離職理由】

離職理由として「職場の人間関係」が34%で最多となりました。

その他にも「給与の低さ(23%)」「理念や運営のあり方に不満(21%)」なども見られ、スタッフ定着に向けた見直しや、理念などは共通認識を深めることが重要です。



新規のスタッフ募集においても人間関係などの職場の雰囲気についての訴求をしたり、給与の見直しや、運営のあり方を打ち出したりすることで、採用後のミスマッチを防止する事ができます。


【人間関係に関する具体的な悩み】

最も離職理由として多い「人間関係」について、もう少し深ぼった結果が以下の通りです。

「仕事の考え方・進め方に納得ができなかった(28%)」と、業務内でのコミュニケーションの中で不満を感じている可能性があります。

業務指示や指導の中でちょっとしたすれ違い等が発生している可能性があるため注意が必要です。



また、これらの離職要因の見直しは定着化だけでなく、「スタッフが長く働ける職場=魅力的な職場」とも見ることができ、今後の採用にもつながっていくことでしょう。


離職者の6割が復帰に前向き


【離職後の進路状況】

離職後の進路状況として62%が「他業界へ転職」しているという状況があり、経験者層はなかなか簡単には採用できないのでしょうか?



下図においては、「①無職」「②他業界へ転職」と回答した65名に対して、介護業界への復帰意向について質問してみました。

【介護業界への復帰意向】
「今後、介護業界への復帰意向はありますか?」と質問したところ、「はい」と回答した人が12%、「条件次第」と回答した方は49%と、約6割以上の方が復帰自体には前向きという答えになりました。



これらのように、実際の就業者/経験者の実態から職場環境や条件等の見直しをすることで、経験者など質の高い人材採用への可能性が拡がっていきます。


今後の採用を成功させるためには、募集条件や職場環境の見直しをし、それを踏まえた採用情報を求職者へ発信していくことが重要です。

また、求職者に効果的に情報を届けるためのノウハウをご紹介する無料セミナーも実施しています。
詳しくは【コチラ】よりご確認ください。
※本セミナーでは、新型コロナ感染拡大の影響を踏まえた採用市場や、現在の求職者のシゴト探しの実態をご紹介いたします。

筆者プロフィール

ヒトクル事務局
東海地域の店長・人事担当のみなさまのお役に立てるよう、日々様々な情報を収集・配信しているサイトです。地域のトレンド情報やノウハウ、採用成功事例や各種データなど、配信コンテンツは多岐に渡ります。また、セミナーも定期的に実施しています。この採用難の時代を乗り切るべく、少しでも多くの方々のお悩み解消につながれば幸いです。

「ヒトクル」は、株式会社アルバイトタイムスが運営しています。

あわせて読みたい