【岡山県】求人動向レポート 2024年6月

【岡山県】求人動向レポート 2024年6月
目次

こんにちは、ヒトクル事務局です。
2024年6月現在、岡山労働局からリリースされている2024年4月度の有効求人倍率データをまとめました。
最近の有効求人倍率のトレンドや、地域別、職種別の有効求人倍率を確認いただき、今後の採用活動の参考にしていただければ幸いです。

求職者の年間動向~属性ごとの求職活動時期の傾向~

【学生】・【主婦】・【フリーター】などの、採用ターゲット属性ごとに、月別での動向をまとめた資料です。これさえあれば、いつ・どの採用ターゲットをねらうべきか、すぐにわかる!一年を通じて使える保存版です。


岡山県の有効求人倍率の推移

岡山県の4月の有効求人倍率は、1.46倍となり、前月より0.02ポイント下降、前年同月比では95%となっております。



岡山県の地域別の有効求人倍率

岡山県の4月の地域別有効求人倍率は、岡山が最も高く1.58倍、玉野が1.54倍となっております。


岡山県の職種別の有効求人倍率

岡山県の4月の職種別有効求人倍率は、建設採掘従事者が5.36倍、保安職業従事者が4.51倍と高くなっております。


■有効求人倍率とは
求職者1人に対する求人件数。倍率が1を超えるということは、求職者数よりも求人件数が多い(=採用難)ということを表します。
■注意
地区別の有効求人倍率は、季節調整を行っていない数値です。
■データ出所
岡山労働局 > 事例・統計情報 > 求人・求職>雇用労働統計より


求職者の動く傾向

6月下旬以降は、応募者の動きが落ち着きますが、
属性別で動きが見られます。ターゲットに合わせた採用計画立案が重要です。


<大学・専門学校・高校生>
新学期開始と同時に活発化した新入生の動きがひと段落する時期。ただし、6月下旬以降は夏休みの短期バイト探しが活発化するので、テスト期間と夏休み期間を踏まえた採用計画を立てましょう。また、高校生は学校予定が落ち着く時期に入るので、安定した応募が見込める時期となります。7月のテスト期間を踏まえて計画を立てましょう。

<フリーター>
GW短期のバイトが終了後、安定した長期バイト又は、夏休み短期のバイトを探し始めます。また、賞与後に退職予定の社会人の動きも予想されます。

<主婦・主夫>
学生と同様に6月下旬以降は動きが落ち着く時期。また、夏休み期間に入ると応募を控える傾向がある為、早目の採用をお勧めします。

<正社員・契約社員>
6月は上半期で最も動きのある時期。賞与後の転職者の活動がピークとなります。
また、8月のお盆休み後の退職予定者が、情報収集をする時期に入ります。


今後の求職者の動向

【7月】求職者動向~夏休み短期バイトに人気が集中!

【8月】求職者動向~採用したい人材を明確に!







ヒトクル編集部
記事を書いた人
ヒトクル編集部

「ヒトクル」は、株式会社アルバイトタイムスが運営する採用担当者のためのお役立ちサイトです。

「良いヒトがくる」をテーマに、人材採用にかかわる方々のヒントになる情報をお届けするメディアです。「採用ノウハウ」「教育・定着」「法務・経営」に関する記事を日々発信しております。各種お役立ち資料を無料でダウンロ―ドできます。

アルバイトタイムス:https://www.atimes.co.jp/