アルバイトの人手不足はどう解消する?解決策・おすすめサービスを紹介

アルバイトの人手不足はどう解消する?解決策・おすすめサービスを紹介
目次

アルバイト人材が足りないと悩んでいませんか?
人手不足を感じているなら、求人の出し方に問題があるかもしれません。

今回は、なぜアルバイト不足に悩む企業やお店が多いのか。原因と解決策、人手不足の解消に役立つおすすめサービスについて解説いたします。

求職者に届くアプローチで、アルバイト不足を解消しましょう。



アルバイトの人手不足の実態

コロナの影響で下降していた有効求人倍率は、2022年10月時点で1.32倍と再度上昇しました。その後も2023年7月時点で1.29倍と大きな変化はなく、1.3倍ほどで推移している状況です。

少子化などの理由で正社員雇用に悩む企業が多く、
「アルバイトの力を借りなければ経営に支障が出る」
というケースが多くみられます。

非正規雇用者で働く人が労働者全体の約4割を占めていることもあり、企業にとってアルバイトの確保が急務です。

ところが、せっかく採用してもアルバイトは定着率が低く、流動的に入れ替わってしまいます。

「募集をしているけれど、常にアルバイトが足りない」
と、人手不足を感じている企業や店舗がほとんど、というのが実態です。


人手不足を感じている企業の割合

2023年に調査した帝国データバンクの資料によると、企業の30.5%が非正規社員の人手不足を感じています。業界別の人手不足の割合は以下の通りです。 

飲食店    83.5% 

旅館・ホテル 68.1% 

人材派遣・紹介 65.8% 

各種商品小売 56.6%

飲食料品小売 53.6%

農・林・水産 52.1%

メンテナンス・警備・検査 50.3%

娯楽サービス 50.0% 

 帝国データバンク/人手不足に対する企業の動向調査(2023年7月)

 このように、多くの業界が50%を超える人手不足問題を抱えています。 


 業界ごとのアルバイト不足の違い

全体的なアルバイト不足が続く中、特に求職者が少ない業界があります。

中でも飲食店は、新型コロナウイルスの影響を大きく受け、深刻な状態です。

 「コロナ時に多くの人材を解雇した後、元の人数に戻らない」

「コロナの再拡大を恐れて、飲食店勤務を控える傾向がみられる」

など、慢性的な人材不足が課題となっています。

 

飲食業界だけでなく、旅館やホテル、小売、娯楽など接客業は人材が足りません。

 これらの業界で優れたアルバイト人材を確保するなら、ターゲットに届く求人広告や、従業員満足度の高い待遇が求められるでしょう。


アルバイトが不足している原因とは

アルバイトが不足している現状には、いくつかの原因があります。
なぜ人手が足りないのか、主な原因をみてみましょう。


そもそも働き手が足りない

非正規雇用労働者が増える一方で、全体的な生産年齢人口は減り続けています。
正社員雇用も、アルバイト雇用もまだまだ人員が足りず、この傾向は今後も続いていくでしょう。

企業や店舗は、限られた働き手へ積極的にアプローチする必要があります。


働きたい条件・環境の仕事が少ない

業務内容、勤務地、職場の雰囲気などにこだわるアルバイトが多くみられます。

そのため、
「自分が希望するシフト相談に応じてもらえなかった」
「働いてみたけれど思っていたような仕事や環境ではなかった」
という場合、別の企業や店舗へ移ってしまうでしょう。

中には、
「店長が特定のアルバイトをひいきしている」
「正社員同士は仲が良いけれど、アルバイトには話しかけてくれない」
といった雰囲気の職場もあり、精神的な働きづらさを感じるケースもあります。


給与面で満足できない

アルバイトはできるだけ時給が良い仕事、身体への負担が少ない仕事を探しています。

「業界水準にたいして時給が低い」
「労働の対価に時給が見合っていない」
という場合、不満が募り辞めてしまうでしょう。

お金に困っている場合は、末締め翌月15日払い、といった給与体系に不満を覚える場合もあります。


すぐ辞めてしまうアルバイトが多い

これまでに紹介した職場環境や給与待遇だけでなく、就職や家庭の事情、高齢による引退など、さまざまな理由でアルバイトは辞めてしまいます。

「アルバイトをしながら将来は派遣・契約社員、正社員を目指している」
「今のアルバイト先にこだわりはなく、より良い条件があればすぐに仕事を変えたい」

このように考えているケースが多く、定着率の低さにつながっています。

アルバイトは辞めてしまうという考え方ではなく、長期的にアルバイトが辞めないためにはどうしたら良いのかを常に検討しておきましょう。


業界ごとにアルバイト不足の違いはある?

全体的なアルバイト不足が続く中、特に求職者が少ない業界があります。

2022年に調査した帝国データバンクの資料によると、企業の50.1%が人手不足を感じており業界別の人手不足の割合は以下の通りです。

飲食店    77.3% 
旅館・ホテル 62.3% 
各種商品小売 57.4% 
娯楽サービス 55.7% 
人材派遣・紹介 54.1% 
飲食料品小売  52.3%


帝国データバンク/人手不足に対する企業の動向調査(2022年9月)

このように、多くの業界が50%を超える人手不足問題を抱えています。

特に飲食店は、新型コロナウイルスの影響を大きく受け、深刻な状態です。

「コロナ時に多くの人材を解雇した後、元の人数に戻らない」
「コロナの再拡大を恐れて、飲食店勤務を控える傾向がみられる」
など、慢性的な人材不足が課題となっています。

飲食業界だけでなく、旅館やホテル、小売、娯楽など接客業は人材が足りません。

これらの業界で優れたアルバイト人材を確保するなら、ターゲットに届く求人広告や、従業員満足度の高い待遇が求められるでしょう。


人手不足を解消する方法

アルバイト求人の応募者を増やすために、企業や店舗は何をするべきなのでしょうか?
今すぐ実践できる、人手不足解消の方法を紹介いたします。


求人が求職者に届く機会を増やす

自社のアルバイト情報が求職者に届いていない場合、どれだけ待っても応募にはつながりません。

ハローワークや店頭の張り紙、紙媒体のみでのアプローチなど、情報が一部にしか届いていない場合は、求人媒体を見直しましょう。

求人サイトを利用するだけでなく、 Indeedなどの求人検索エンジンも活用すると、より多くの応募者の目に留まるでしょう。

また、採用ターゲットが地元の主婦やシニアの場合、地元のフリーペーパーや折込みチラシも効果的です。

自社の採用ターゲットがどんな方法で仕事探しをしているかをリサーチしたうえで、求人メディアを選ぶとよいでしょう。意外な盲点が見つかるかもしれません。

求人媒体の種類と特徴を一覧で比較|無料から有料までおすすめを紹介


採用ターゲットを決める

Webで仕事探しをする求職者は、「職種×地域」などでキーワード検索をするため、採用ターゲットを決めて求人票を作成することが大切です。

求人票には男女や年齢などを絞った記載はできませんが、

「副業アルバイトの方、積極採用いたします」
「大学生のアルバイトが多数活躍しています」
「シルバーさんが力を発揮している職場です」
「子育て中の主婦(主夫)が働きやすい勤務時間です」

このような書き方をすることで、自分のことかな? とターゲットの目に留まるでしょう。

今現在、幅広い層に向けた求人票になっている場合は、ターゲットを絞った書き方に変えてみましょう。
採用活動は「ペルソナ」で成否が決まる|重要性や設計の流れなどを解説
採用活動は「ペルソナ」で成否が決まる|重要性や設計の流れなどを解説


自社の魅力を伝える

多くのアルバイト求人がある中で同業の企業、店舗に差をつけるためには、しっかりと自社の魅力を伝えることが大事です。

「他社にはない自社の魅力は何か?」を現在働いているスタッフにヒアリングして求人票に盛り込んでみましょう。

雰囲気の良い職場で働きたい、求職者がほとんどです。

求人サイトに掲載する画像を活用してアットホームなイメージを伝えたり、文章で歓迎するメッセージを届けたりして、企業や店舗の良さをアピールしましょう。

魅力的な求人票とは?記載のポイントや必要事項、表記上の注意点を分かりやすく解説!


勤務条件を見直す

「いろいろな方法で求人を出しているのに、アルバイト希望者が集まらない」

という場合は、勤務条件を見直してみましょう。


・近隣の同業者と比較して、時給が低い場合は見直す 

・希望に応じて日払いや週払い、前払いなどへ柔軟に対応する 

・求職者が働きやすいような勤務時間・シフト作成をする 

・まかない制度や交通費全額支給など、求職者に嬉しい待遇を増やす 

・未経験でも安心して働けるように、研修や個別指導などの仕組みを取り入れる 

など、求職者の希望を適えるアルバイト募集であれば、人が集まりやすくなります。


長期的な掲載で改善する

季節を問わず、アルバイトが足りていない場合は、求人情報を長期掲載しましょう。

長期掲載すると、

・一年中問い合わせがくる可能性がある 

・アルバイトを探しはじめるタイミングを逃さない 

・求人内容を適時変更することで、最善の文章にできる

といったメリットがあります。

先ほど触れた、人手不足を特に感じている業界の場合は、長期掲載でアルバイト見込み者を逃さないようにしましょう。

求人サイトによっては、長期掲載の方が料金を抑えられる場合もあります。

短期間の掲載を数回よりも、長期掲載の方が得になるケースもあるため、求人サイトを利用する場合はどちらが安いのか、事前に計算しておきましょう。

無料の求人サイトや求人検索エンジンに登録して、特に人が必要な時は有料広告を利用する、という手段もあります。


企業や店舗に最適な方法で、長期掲載を実践しましょう。


アルバイトの人手不足解消に役立つサービス

アルバイトの人手不足を解消するなら、活用したい2つのサービスがあります。
なぜ、求人につながるのか、それぞれの理由を解説いたします。


Indeed


日本最大級の求人検索エンジンとして知られるIndeed。テレビCMでおなじみなこともあり、多くの求職者がアルバイト探しに活用しています。

・無料で掲載できる 

・採用成功時の費用も無料 

・正社員や派遣の募集にも活用できる 

・大手企業が運用しているから信頼性が高い 

・職種×地域の検索で情報がピンポイントに届けられる 

・有料版を利用する場合もクリック課金のためコストを抑えられる 

など、企業や店舗にとってうれしいメリットが多数待っています。

サポート体制にも定評のあるサービスです。
まずは無料版から、アルバイト募集をはじめてみましょう。

Indeedへ掲載する方法をカンタン解説|直接投稿する方法や応募を増やすポイント


採用管理システム(ATS)

採用管理システムはその名の通り、採用に関連する業務を管理してくれるツールです。

求人情報や選考情報の一元管理、応募から採用までを効率化できるため、採用担当者の負担を大きく軽減できます。


具体的には、

・複数媒体の求人票を一元管理、作成 

・応募者情報の取り込み、やりとり 

・ダッシュボードで選考状況を可視化 

・応募者や採用者のデータ分析

といった管理ができるようになり、手間を省けます。
採用システムのみでの管理になるため、情報が漏洩しづらい点もメリットです。

情報管理システムには、さまざまな種類があります。

募集にかかる手間や時間を節約するなら、アルバイト採用に向いているシステムを選んで、運用してみてください。

2022年最新!採用管理システム(ATS)新卒・中途・アルバイト別おすすめ11選!


まとめ

アルバイトの人手不足は、採用方法や採用条件の見直し、企業のちょっとした気遣いで解消できるケースがあります。

必要な人材をしっかり獲得するために、今やるべきことがないか、たしかめてみましょう。

Indeedや採用管理システムをまだ活用していない場合は、ぜひ取り入れてみてください。
新しい人材との出会いや、採用に関連する業務を削減に最適です。

株式会社アルバイトタイムスが運営する「ワガシャ de DOMO」は、応募数を最大化することに特化した中小企業向けの採用管理システムです。

Indeedなどの複数の求人検索エンジンと自動連携し、月額定額制で長期掲載できる安価なプランがあります。

創業50年の求人のプロのサポートがありますので、アルバイトの求人にお困りの場合はお気軽にご相談ください。


ヒトクル編集部
記事を書いた人
ヒトクル編集部

「ヒトクル」は、株式会社アルバイトタイムスが運営する採用担当者のためのお役立ちサイトです。

「良いヒトがくる」をテーマに、人材採用にかかわる方々のヒントになる情報をお届けするメディアです。「採用ノウハウ」「教育・定着」「法務・経営」に関する記事を日々発信しております。各種お役立ち資料を無料でダウンロ―ドできます。

アルバイトタイムス:https://www.atimes.co.jp/